●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

最近のガンダムってヤツは…

お久しぶりです。
こんなことを言うと、オヤジくさいとか、年寄りと言われそうですが、最近のガンダムは、やたらとガンダムを前面に押し出しすぎな気がします。

ガンダムの頭に適当にカッコイイ名前をつけて、とりあえず戦闘に出しておけばいい、みたいな雰囲気が出ている気がします。

特にSEED、SEED DESTINY、00はやたらとガンダムばかり出てきます。
逆に敵キャラは、特徴的な敵キャラはいるけど、ファースト、Zの時みたいな圧倒的な敵MSが出てこないような気がしています。

ファーストでは、ランバ・ラルのグフがやたらと強かったし、シャア専用ゲルググ、エルメス、ギャン、ジオングなどなど強いライバルに強いMSと言う図式がありました。

Zでも、カミーユはギャプランやらアッシマーやら、ヤザンのハンブラビ隊にシロッコのジ・O、ハマーンのキュベレイに苦しめられました。

今のガンダムシリーズに全くそういう強いライバルMSがいないか、と言うとそうでもないんですが、味方のガンダムが5機とか6機とかいるせいで、その強さが目立たないというか。

嘆かわしいです。

ファーストやZの頃は、ガンダムって言ってもせいぜい普通のガンダムか、Mk-Ⅱか、Zくらいしかなかったのに。

もうちょっとグフとか、ハンブラビみたいのを出して欲しい。

まあ、それでも00はそれなりには面白いですが。
雰囲気がやっぱりWに似ている気はしますけどね。


相変わらずZガンダムのブルーレイを見ていますが、やっぱりいい!
古いけど、いい物はいいんです!

今の若い世代は(ああもうオヤジの発言だ)流行にばかり気を取られて、古い物をあまり省みないですが、古き良き物を見て、逆に新しい作品に生かして欲しいものです。

やたらとイケメンばっか出せばいいってもんじゃないと思うんすよ、私は。

新旧ガンダムOP比較

ZガンダムOP(テロップなし)



ガンダム00OPのMAD(普通じゃ面白くないので、ハヤテのごとく! のMADにしてみました)



最後に宣伝!

ハヤテのごとく! 単行本18巻発売中です!
何と、もう1000万部も売れているとか。すげえ!
明日買いに行きます。
スポンサーサイト
2009/01/18 23:07|ガンダムシリーズTB:0CM:2

遊びでやってんじゃないんだよ!

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc)機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc)
(2008/12/19)
飛田展男池田秀一

商品詳細を見る


ZガンダムのブルーレイPART1が家に届きました。
早速見てますが、凄いです、今回は!

何が凄いっていうと、色塗りをやり直したとかで、セル画にかなり近い綺麗な映像と、クリアな音声

前にDVDで発売されたことがありましたが、それをはるかに上回る高画質です。

※詳しくはこちら。

http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200810200036a.nwc

もはや20年前の作品の単なるリメイクとは言えず、完全新作に近いくらいの完成度です。

その超綺麗な映像で見ると、かなり新鮮な気分で見れます。
百式だろうが、マラサイだろうが、Zガンダムだろうが、全然違って見えます。

それにしても85年当時はまだみんな若かったんですね。

エマ・シーン役の岡本麻弥は何と当時18歳。バリバリの女子高生だったわけですw そんな18歳が24歳という設定のエマを演じていたわけですが。

ちなみに、ヘンケン及びナレーションの小杉十郎太は、このZガンダムが声優デビュー作だそうです。当時は28歳で、サラリーマン生活を抜け出して初声優作品だったそうで。

また、今は亡くなってしまい、声を聴くことが出来ないブライト艦長役の鈴置洋孝や名脇役としてカクリコンを演じた戸谷公次などもバリバリの現役でした。

改めてZを見ると本当に面白い人間ドラマですね。
まあ、最後は知っての通り、カミーユが精神崩壊するという衝撃的なラストで、ハッピーエンドじゃないんですが、あれはあれでよかった。

テレビ版なんで、フォウやロザミア、サラ、ファの声ももちろん、当時のままだし。

まだ前半の25話までしか収録されてませんし、まだ全部見てませんが、早く後半が見たいです。

是非オススメの一本!

Zが好きなら見て損はないです。
2008/12/23 00:59|ガンダムシリーズTB:0CM:0

種死見終わった

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13機動戦士ガンダムSEED DESTINY 13
(2006/02/24)
鈴村健一石田彰

商品詳細を見る


ようやく全話、見終わりました、SEED DESTINY。

色々と不満がありますw

まず、あのラストはなんだ! 中途半端な終わり方だ。てっきりシンはキラに撃たれて死ぬかと思っていたのに。なんか消化不良。

あと、パクリが多いのはしょうがないというか、もう諦めたとしても、黒い三連星は完全にバカにしてるようにしか思えません。
それに、インパルスなどのMSが合体する時に、やたらとかっこつけてポーズをとりすぎ。そんなことを戦場のど真ん中でやってたら、普通は死ぬw

デスティニーやフリーダムがやたらと強すぎて、戦局も何もあったもんじゃなく、つまらない。
ミーアが死ぬところも、完全に先の展開が読めましたw
見ていると、やたらと映像の使いまわしが多い。

そんなわけで、到底好きにはなれない作品でした。
やっぱ予想通り、自分的には好きになれなかったです。

次は、しばらく後になりますが、ボーナスで大画面液晶テレビを買った後に、Zガンダムのブルーレイを買って、またZガンダムを見ます。

やっぱ自分にはZが一番合ってます。
最初はファーストの方が好きだったんですが、最近はZが一番好きだったりします。
小さい頃、訳もわからず、かっこいいという理由だけで、自宅にマラサイや百式のガンプラ持ってましたしねw

その後は、ちょっと気になっているガンダムXを見てみたいと思っています。

途中で打ち切りとかあって、39話くらいしかなかったはずですが、なかなか面白そうなので。

今、やっているスパロボZの影響もありますが。

OPはかっこよくてまあまあ好きです。

ガンダムX OP


2008/11/19 19:53|ガンダムシリーズTB:0CM:3

あの死神を撃て!

機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て!機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て!
(2008/10/24)
不明

商品詳細を見る


なんか最近、ガンダムシリーズの話題ばかりしていますが、またもガンダム話。
一年戦争の番外編、MS IGLOOの続編が出ましたね。
前回はジオン側の視点から描き、第二弾の今回は連邦の視点から見た話。

早速借りて見ました。

で、感想。

まあ、面白い。
今回はかなーーりミリタリー色が強いので、自分的には好きな傾向の作品ではあります。
ザクに対して、モビルスーツすら開発されていない連邦軍が、対モビルスーツミサイルで対抗するというところは、映画「プライベートライアン」のラストっぽくて好きでした。

が、まだ始まったばかりですが、イマイチ前回よりはキャラクター的には際立った存在がまだ出ていない。

前回のシリーズではオリヴァー・マイ、モニク・キャディラックという試験部隊の隊長みたいのがシリーズ通して出ていて、オリヴァー・マイの日記によって話が終わりましたが、今回はそれがないっすね。

それでも、ザクの驚異的な迫力、威力、そしてその圧倒的な存在感は際立っていた気がします。全高約18メートルってところも忠実に再現し、威圧感があって、よいです。

私は基本的に、連邦よりジオンの方が好きなので、今回は渋っていましたが、これはこれでいい話かな、と。

恐らくガンダムシリーズで、これほど強いザクが描かれた作品は初めてでしょうw

世の流れなのか、早速ブルーレイになるそうですね。

一応、公式サイトに、コメントも寄せられています。

MS IGLOO2


公式サイトってのもあるけど、みんな肯定的すぎる意見ですけどねw
ちょっとは否定的な意見があっても良いと思う。

そういえば、キシリアが声だけで出ています。
なんか懐かしいw

ちなみに次回予告によると、次回作は61式戦車が主役とか。

なんかこのまま行くと、セイバーフィッシュとか、ファンファンみたいなショボい兵器まで主役になりそうだw まあそれはないか。

余談ですが、私の知り合いに元・自衛隊の人がいて、彼に聞くと「セイバーフィッシュ程度の兵器でも、今の自衛隊なら造るのに莫大な予算がかかる」そうで、それを考えると、モビルスーツなんて到底実現は不可能みたいですね。

第一、二足歩行で、足がある時点で、パイロットは歩行時の揺れで酔ってしまうとか。
かと言って、宇宙用にすれば、そもそも足なんて必要ないわけで。

そう考えると、生きているうちにモビルスーツなんて兵器はまず出来ないだろうと思います。

そういえば、トヨタと東大が共同開発した掃除ロボットが出来たそうで、これすらも実用化、市販化は10年後で、車一台分くらいの値段がするとか。

ガンダムの世界実現は当分先か、ずっとないかもですね。
2008/11/01 03:11|ガンダムシリーズTB:0CM:2

まるでエゥーゴとティターンズ

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1
(2009/02/20)
宮野真守三木眞一郎

商品詳細を見る


ガンダム00二期。一応毎週見てますが。

歴史は繰り返すというか、二番煎じというか。

結局のところ、連邦の独立治安維持部隊「アロウズ」ってのはZでいうところのティターンズで、反政府組織「カタロン」はエゥーゴみたいなものだなあ、と思いますね、これ見てると。

あと、ガンダムマイスターのマイスターって、確かドイツ語で、親方とかいう意味だった気がします。
つまり、ガンダムマイスターとは直訳すると、「ガンダム親方」になってしまうわけで、そう考えるとかっこわりぃ! とか思ったり。

まあ、それなりに面白いけど。

それにしても、アザディスタンの王女、マリナ・イスマイール役の恒松あゆみは、声が井上喜久子にどことなく似てなすね。最初、間違いそうになりました。

OPはまあまあ好きかな。




そういえば、この前の放送で、グラブロみたいな水中用モビルアーマーが出てきましたね。
あれは面白かった。

キャラクター的には、謎の多いソーマ・ピーリスが、Zのフォウ・ムラサメっぽい強化人間っぽくて、面白そうかな。あと、アリー・アル・サーシェスって確かまだ生きているはずなので、あいつがまたガンダムと戦うあたりは面白そうかな。
でも、ミスター・ブシドーってネーミングセンスはどうかと思いますねw 
アメリカ人が造った下手なB級映画に出てくる日本人の暗殺者の名前っぽいw
その割にかっこいい登場シーンなのがなんかギャップありまくりw

まあ、これからに期待してます。
2008/10/28 02:18|ガンダムシリーズTB:0CM:2

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。