●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ニューバージョンの決戦、第3新東京市!!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 通常版
(2008/05/21)
三石琴乃、林原めぐみ 他

商品詳細を見る


エヴァンゲリオンが大好きな秋山ですが、今これを書きながら旧作エヴァの第6話「決戦、第3新東京市」を見ています。

やっぱり旧作とあの新しくなった劇場版は違いますね。
劇場版のあのクリアーな映像はやはり凄かった。

ってなわけで、実は先日amazonからヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を予約しました!

まあ、発売はまだまだ先なんですが(確か4月24日)、今から楽しみです。
基本的には、アスカ派な私ですが、新劇場版:序では、やっぱりミサトさん
さらにキレイになったミサトさんがいい感じ。

あとは、やっぱ碇ゲンドウが面白くて、興味あります。
サングラスキラーン! がまた見れそうです。
綾波も旧作よりも、キレイになってるし、凄いものです。

新劇場版でも、一番完成度の高い見所なシーンがこの「決戦、第3新東京市」のシーンだと思うんすよね。
ラミエルも凄い変形するし、進化したものです。
この辺りを注目してもう1回見てみたいです。

そういえば、新劇場版では海の色が赤くなってるんすよね。
これって、旧作で言うところの、ラストシーンに当たるわけで、そう考えるとまたまた謎が深まりますね。
次のエヴァが楽しみですわ、ホント。
スポンサーサイト
2008/03/05 18:41|新世紀エヴァンゲリオンTB:0CM:1

アスカと明日夏

新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画 (04) (角川コミックス・エース (KCA148-4)) 新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画 (04) (角川コミックス・エース (KCA148-4))
高橋 脩、GAINAX 他 (2007/08/25)
角川書店
この商品の詳細を見る


給料入ったので、悩んだ末に買ってしまいましたぁ!
エヴァンゲリオンの超番外編とも言うべき、碇シンジ育成計画です。

とりあえず衝動買いで、1~4巻まで一気に全部買ってきて、読みました。


面白い!



基本的にはアニメの最終話、つまり26話「世界の中心でアイを叫んだけもの」の後半部分シンジとアスカが幼なじみで、レイが転校生っていう設定を踏襲しています。

まあ、そこから話を膨らませていったエヴァ外伝学園編みたいな感じなんですが、元祖ツンデレとも言われるアスカが笑えますw

アスカが大活躍なのに対して、アニメ本編とは違って、ちょっと積極的な綾波がまたいい感じ。

そして、何と言っても碇ゲンドウでしょう。
このマンガでは、碇ゲンドウは完全にギャグキャラですw
アニメ本編での、あのシリアスで全然笑わないゲンドウはどこに行ったんだ? ってな感じのお笑いキャラです。
他にもミサトが担任の先生、リツコが保健の先生、加持が体育の先生など、なかなか個性的。

本編のエヴァ以外認めない!! って人は見ない方がいいでしょう。思いっきりイメージ崩れますw
ただ、こういう異色なエヴァがあってもいいかも、って思う人にはオススメです。
ある意味、アスカは本編のアニメのまんまって感じもするし、普通の中学生的な生活を描いていて、学園ラブコメってな感じです。


それと、もう一つ。
昨日は東雲太郎のキミキスの2巻が発売されました!
こっちも買ってきました。

そして、ヒロインは明日夏
こっちの明日夏も爽やかで、すごくいい感じに萌えますw
ゲームでも出て来たアスカターンが炸裂し、主人公がノされるというwイベントもあったり、ラスト辺りはゲームとは違っていて、なかなか見所満載です。

こうして見ると、明日夏はとっても魅力的です。ゲームでのイベントはほぼ網羅されてるし、キミキス好きなら買うべき!

ちなみに、ネタバレすると、巻末の次回予告によると、次巻、つまり3巻のヒロインは祇条深月だそうです。
こっちも楽しみ~。
2007/09/29 21:50|新世紀エヴァンゲリオンTB:0CM:0

変わる解釈

月曜日からまた忙しくなり、帰りが遅くなる予定なんで、今のうちに書いておきます。
劇場版アニメ映画「ヱヴァンゲリヲン」について、ちょっと補足です。
っていうか、ちょっとネタバレになるのでご注意を。

エヴァといえば、人によって解釈が色々異なり、見るもの自らが考えるのが面白いアニメですが、私もミクシィを見ていて、他人の解釈って面白いなあと思っています。


で、まあ他人の受け売りなんですが、自分も同調したのがこちら。


今回は使途の順番が変わって、12使徒になる可能性が高い



ということですね。

簡単に言うと、前回の日記で書いた第6の使徒、ラミエルの段階ですでにずれています。
旧作エヴァでは、ラミエルは第5使徒なんですよね。


今回、セントラルドグマに捕らえられているのが第2使徒であるリリスと明言されます。
第3使徒が現段階では不明なんですが、サキエルが第4使徒になってるので、順番は大きく変わります。

旧作では、第1使徒がアダム、第2使徒がリリス、以下第3使徒サキエルから第16使徒アルミサエル、そして第17使徒タブリス=渚カヲル、第18使徒リリンって順番だったんですが、それだとキリスト教の12使徒とはだいぶずれます。

そもそも、使徒ってのは、キリスト教ではキリストの高弟(弟子)の12人と言われていまして、有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」なんかに描かれていますが、旧作エヴァだとこれが全然数が合わないから、矛盾というか、わからない点が多かったんですが、これが12使徒になると、解釈も変わります。

今回、ゲンドウが第6使徒、ラミエル出現の段階で、「あと8体だな」とか言っているんで。すると全部で14体。

第1がアダムで、第2がリリスとして、アダムとリリスは最初の人類だから数に入れないとすると、使徒の数が12でちょうどいいわけです。
もっとも、仮に第3使徒がリリン(=人類)とすると、11体で数が合わなくなりますが。

それで、シンジが神(イエス)とすると、カヲルがユダなわけで、そうすると解釈的にはかなりキリスト教の12使徒に近いかも、と。

まあ、今の段階ではあくまで推測の域を出ないので、明確にはわかりませんがね。

とりあえず、もう1回くらい見てみたいです、新作エヴァ。
個人的には、葛城ミサトが前回よりも好きになりましたね。
シンジが悩んでいる時に、側にいてあげて、まるで母親や父親みたいな役割を担い、普段は普段で頼れる明るいお姉さんという感じの存在。
ミサトがシンジの手を握り、リリンを見せるシーンが今回あるんですが、そのシーンが一番好きでした。

非常にミサトが頼もしくて、かっこよくなっていると感じました。
シンジはシンジで、旧作のウジウジ感が少し薄れて、強くなっている(ウジウジしてるところもあるけど)と感じましたね。
特にヤシマ作戦で、一度外してから、また銃身(引き金)を握るところなんか、強くなった感じはしました。

旧作のファンも、今回初めて見る人も、それなりに楽しめる内容でしょう。

ただ、一つだけ残念なのは、旧作にあったシーンが時間の関係で省略されたこと。
シンジが逃げたときに、ミサトが追いかけて、新箱根湯本駅で、「おかえりなさい」「ただいま」っていう名シーンが抜けていたのが残念。

でも、全体的には今回は当たりですね。面白いです。


これぞエヴァ!!



ってな感じで、楽しめます。
次回も楽しみ!
2007/09/03 00:48|新世紀エヴァンゲリオンTB:1CM:4

進化した使途、襲来!

早くも話題沸騰のヱヴァンゲリヲン 新劇場版・序を見て来ました。それも初日に!

いや、凄かったです。昨日の夕方18時半頃に池袋入りし、早速映画館に行ったら、21:00の回と、23:00の回がすでに全席満席、立ち見状態。
何でも新宿じゃ徹夜組まで出来て、300人の行列ができたとか。

慌てて最終の深夜1:30の回を何とか取って、見ることができました。(それでも結局1:30でも最後には立ち見客が出るほどの人気)
なんとか当初の予定通り、初日に見ることができました(正確には9月2日に見たことになるけど、ほぼ初日ってことで)


感想は。
とにかく凄かった!!

です。
何がっていうと、やっぱり映像がかなりクリアになってますね。あと、前作を見ている人なら、かなり楽しめるでしょうね。
庵野監督が言っているように、「完全新作じゃないけど、古くもない話」人になっています。

特に前作のファンは絶対見るべき! だと思います。

まあ、内容をあんまり話すと、ネタバレになって、これから見る人をがっかりさせてしまうので、言いませんが、一つだけ言うとすると。


第6の使途、ラミエルがすごい!!



あれはある意味、進化です。
そして、その絡みで、葛城ミサトが指揮を執ったヤシマ作戦がかなーりパワーアップ! この序のクライマックスになっていて、凄くいい感じになってます。

あと、個人的に好きなミサトが、映像の進化のお陰で、かなりキレイになっていて、いい感じです。
前作にはなかったセリフ回しやシーンもあったりして。

そして、詳しくは明かすと面白くないので、言いませんが、最後の予告ですっごいビックリするような事実が明かされます!
これは次回作が気になって仕方がありません! ってな感じの内容です。

とりあえず、お約束ですが、最後にこれを。


この次もサービス、サービスッ!


ってな感じでw

あ、映画館でゲットした戦利品をご紹介します。って言ってもあんまり時間もお金もなくて、買えませんでしたが。

eva-shitajiki.jpg


新劇場版用の下敷きです。

eva-postcardA.jpg


2つあったうちの一つ、Aと書かれたポストカードで、アスカが出ています。が、今回の「序」にアスカ出てないんすけどねw

eva-pasukesu.jpg


ネルフ仕様のパスケースです。これを通勤に使うと、気分はネルフ職員! ってな感じですが、もったいないので、使いません、多分w
2007/09/02 14:13|新世紀エヴァンゲリオンTB:1CM:2

宇多田シンジ

はじめに言っておきましょう。
いよいよ日付変わって、今日から公開されるヱヴァンゲリヲン新劇場版・序ですが、今から内容を知りたくない人は、これから紹介するYou Tube映像は見ない方がいいかも。

宇多田ヒカルが今回、エヴァのテーマソングを歌うことは、もう周知の事実ですが、その宇多田ヒカルのBeatiful Worldのプロモ映像(アニメ予告編)がこちらです。





ちなみに、こちらがエンディングテーマのFly Me To The Moonです。





しっかし、これ見るとホント、映像がクリアになったのがよくわかりますね。
シンジが別人みたいだし、レイがかっこいい。
第3新東京市もなんか前作にない背景とかになってるし、凄いもんです。

それにしても、宇多田ヒカルって、かなーりのエヴァマニアみたいっすね。

こちらのインタビューを参照して下さい。


http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20060529



宇多田本人は、夫の紀里谷和明のススメで、エヴァを見始めたらしいんですが、シンジと自分をかなり重ね合わせているみたいですね。
確かに、本人が望む、望まないはともかく、15歳でデビューして周りから期待されまくった宇多田ヒカルと、14歳で初めていきなり初めてエヴァに乗ったシンジは、ある意味似ているのかもしれませんね。

我々は、シンジやレイ、アスカなどのように選ばれた人に対して、一種の羨望と期待を持ちますが、実際に選ばれた本人(宇多田ヒカルもそう)にしてみれば、嬉しい気持ちよりも、恐らく戸惑いの気持ちの方が強いでしょうからね。


え、なんでオレが? 私が?



って思うのが普通の人。
そんな中で、逃げちゃダメだ。やらなきゃダメだ! って必死になってやるわけだから、傍から見ればヒーロー、ヒロインでも、本人は死ぬほどツライことがたくさんあるわけで、精神的にも肉体的にも追い詰められていくわけですね。

こういうのは、実際にそういう立場になってみないとわからないし、まして14歳の多感な時期なら尚更でしょう。

なーんて、公開を目前にして、エヴァに対して熱く語ってしまいましたw

ちなみに3部作1作目の今回は、アスカは出ませんね。前作のテレビシリーズで言うところの、1話からヤシマ作戦のあった6話「決戦第3新東京市」あたりまでがメインみたいですね。

実際、私自身、エヴァって前半の方が好きなんすよね。
宇多田ヒカルが言っている、シンジがトウジとケンスケを連れて「うわああああ!」ってやるシーンとかも、非常に結構印象に残っています。

とりあえず、このエヴァ新作を、東京で見れることに深い感慨と喜びを感じますね。
前作は地元で見ていましたが、やっぱエヴァの舞台は第3新東京市(っていうか本当の舞台は箱根だけど)ですからねw 東京で見たいとは常々思っていました。

最後に個人的な期待を。
碇ゲンドウの光るサングラス、強力になってるかな?
あと、ミサトがかっこよくなってれば、いいなあ。
それと、ペンペンの活躍に期待!!!(←ココ、重要w)
2007/09/01 00:01|新世紀エヴァンゲリオンTB:0CM:0

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。