●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

100台のハルヒガチャポンと格闘(予定)

 今日は、昨日の睡眠時間がわずか4時間(夜中までずっとiPODいじくっていた)だったので、仕事中眠くて眠くて…。
 おまけにそういう時に限って何故か忙しくて3時間も残業したので、もうヘロヘロです。
 なので、1件だけ。

 ちょっと前の記事ですが、アキバBlogに載っていた記事が気になったので。
 それがこちら(100台近いガチャポンが全てハルヒに)→http://www.akibablog.net/archives/2007/02/etc_bandai_hgif_haruhi_070224.html

 アキバに行ったことがある人ならご存知のヨドバシアキバ。あのでかい建物の脇にガチャポンが100台近くならんでいる一角があります。
 ここがこの間、ビックサイトで行われたワンフェスの影響なのか、3月3日、4日の2日間限定で、100台近いガチャポン全てがハルヒになる! という面白そうな企画です。

 しかも、このハルヒフィギュア、300円という廉価とは思えないほど、完成度が高い! これは是非手に入れねば! と秋山は今から週末に向けて、気合い入れてテンションを高めています。

 ちなみに種類は涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくる、鶴屋さんの4つですが、ハルヒ、有希、みくるにはポニーテールバージョンやオッドアイバージョンがあるそうなので、実際には全7種類ということになります。

 100台もハルヒガチャポンが並ぶ様子は壮観でしょうね。
 これは赤字覚悟で、挑戦しなければ、と思っています。
 特にハルヒだけでもなんとしてもゲットしなければ、気が済みません。
 なので、土曜日は朝からアキバに行ってくる予定。
 なんか最近毎週のように週末はアキバに行っています。さらに場合によっては平日も行っています。
 もはやアキバ中毒。

 ちなみに、これの発売元はバンダイね。みんなも100台ハルヒ? を見にアキバに行こう!
スポンサーサイト
2007/02/28 23:23|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:4

KOTOKOの曲

UZU-MAKI(初回限定盤)(DVD付) UZU-MAKI(初回限定盤)(DVD付)
KOTOKO (2006/12/13)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


 すいません。
 ここ2、3日更新サボってました。
 というのは、アニメ以外は流行に遅れに遅れている秋山ですが、ついに先日iPOD(nano)を購入!!

 いやあ、やっぱ片道1時間半以上はかかる毎日の通勤時間がもったいなくて、前から欲しかったんですよー。
 で、金銭的にかなり無理して奮発して、iPODを買いました。
 でも、金に余裕がないので、安い2GBのiPOD nanoってやつを買いました。
 それでも500曲は入ります。

 今までずーっとMDウォークマンを使ってきた秋山。初のiPOD挑戦で、その便利さにすっかり虜になってしまい、結局この2日間は会社から帰宅して、寝るまでひたすらCDからiPODに移す作業に没頭していたわけです。

 さて、本日(っていうか日付変わったから昨日)取り込んだのは、秋山のお気に入りのミュージシャン、KOTOKOのCD。
 アニメ関係の主題歌を多く歌われていることで、有名なKOTOKO。その美声で多くの人を魅了していますが、秋山的にはやっぱり「おねがいティーチャー」好きだったので、Shooting Starが一番好きなんです。

 「おねがいティーチャー」の舞台になった長野県まで車で行って、舞台になった木崎湖でShooting Starをかけて聴いていたこともあります。そのくらい好きです。

 まあ、今回借りたのは最新アルバムの「UZU-MAKI」ってのと「硝子の靡風」ってやつなんですが。

 あと、水樹奈々の昔のCDを借りてきて、ほとんどiPODに入れました。
 お陰で買って一週間も経っていないのに、容量の半分を使い果たし、しかもそのうちの4割くらいはアニメソング

 でも、勘違いしないで欲しいのは、秋山は別にアニメソングしか聴かないわけじゃなくて、普通に音楽を聴くのが好きなんです。
 そりゃもう邦楽、洋楽関係なく好きです。

 今、iPODに入っている、あるいはこれから入れる予定なのが大体秋山の好きな歌手になります。
 それはこんな感じ。

邦楽: ZARD、モンゴル800、ザ・ブルーハーツ、尾崎豊、大黒摩季、EVERY LITTLE THING、中島美嘉など

洋楽: BON JOVI、エアロスミス、GREEN DAY、ジャニス・ジョプリン、オジー・オズボーンなど

 まあ、こんな感じで幅広く聴きます。
 まあ、最新流行のJ-POPなんかはついていけないってのもあって聴いてませんが。
 普段あまり流行を気にしないので、周りが何を言っても、自分の好きな曲しか聴いていない気がします。

 でも、便利だなあ、iPOD! 今まで散々CD借りてきて、散々MDに録音して、MDばかりが増えまくって置き場所にも困るくらいだったちょっと前までが懐かしい…。
2007/02/28 00:51|アニメ(一般)TB:0CM:2

終わらない歌を歌おう!

 昨日、今日と連休だったので、久々にTSUTAYAでDVDを借りて見ました。
 見たのは、「リンダリンダリンダ」
 ご存知「ザ・ブルーハーツ」の名曲をモチーフにした映画で、「涼宮ハルヒの憂鬱」でも、「ライブアライブ」の回で、この映画のカット割を元ネタにしていることでも有名(こちら参照)→http://wiki.sos-dan.com/w/images/7/7f/C0052350_14151582.jpg
 それに、映画で香椎由宇が使っていたギター、モンディアル・クラシックをアニメでも実際にハルヒが使っているので、それも見ておきたかった。

 そして、何よりも秋山はブルーハーツ大好きだ!ってのが大きいですね。まあ、これを言うと年がバレますが、ギリギリですがリアルタイムで聴いていた世代なので。

 さて、映画の内容、及び感想について言えば。


まあまあかな



 って思いました。ブルーハーツが好きな人なら勧められますが、そうじゃない人にはあまり面白くないかも。
 と、いうのはやはり展開がワンパターンで、ラストの展開が読めてしまうのと、文化祭に向けて新メンバーで練習したり、ラストの遅れて登場して演奏する辺りなんか、モロに「スウィング・・ガールズ」とかぶります。
 その辺がちょっとね。

 ギターの萌が指を骨折し、その代役として香椎由宇演じる恵がギターをやり、ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)と共に途方に暮れる。
 ボーカルがいないためで、結局そのボーカルを恵が適当にスカウトした韓国人留学生のソン(ペ・ドゥナ)がやることに。
 そして急造バンドが文化祭で、「ザ・ブルーハーツ」の「リンダリンダ」を披露するという話。(他に僕の右手、終わらない歌も)

 まあ、青臭い話って言えば、それまでですが、それなりには楽しめます。
 特にブルーハーツの歌を韓国人が歌うってのがちょっと新鮮。ペ・ドゥナという韓国の女優さん、なかなかいい演技をしています。

 それにハルヒが持っていたギターを香椎由宇が実際に持っていたのを見たとき、「あ、ホントだ!」とかついつい思ってしまいました。
 ホントにアニメのハルヒが持っていたギターと同じです。

 ちなみに、実はカット割やギター以外にも、ハルヒ製作者側で意図的にパクったシーンがあります。
 気になる人は、映画「リンダリンダリンダ」を見た後すぐに「ライブアライブ」の回をもう一度見てみましょう。気づきます。

 それは、2箇所あります。

①キョンと谷口が話している最中、映画で香椎由宇が演じた恵によく似た人物が階段を駆け上がっていく。
②映画と全く同じく日韓交流展示を行っている展示室で、ペ・ドゥナ演じるソンが寝コケるカットがある。

 というもの。
 よーく見ていると気づきます。と、いうのはこの2人、映画版の制服を着ているので、明らかにハルヒたちの北高の制服とは違う制服を着ているから。
 ハルヒ製作スタッフって、結構昔の映画やアニメをわざとパロディチックにパクるのが好きらしく、探してみると結構あります。

「射手座の日」ではガンダムのモザイクが登場し、「涼宮ハルヒの退屈」ではタッチのテーマソングのイントロが流れています。
 BGMにしても、ラヴェルやマーラー、チャイコフスキーなどのクラシック音楽が使われていたりします。

 うーむ。まだまだ奥が深いぞ、ハルヒ!
 やれやれ、探すの大変だな byキョン
2007/02/25 22:01|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:2

久々のアキバ満喫

 本日、久しぶりにアキバに出陣しました。
 土曜日、しかも天気が晴れということで、すごい人でした。
 一昔前は、アキバにあんなに人いなかったんですけどね。有名になりすぎて、今や新宿、渋谷、池袋と同じかそれ以上の人がいますね。

 今日は夜に友人との飲み会が新宿であった関係上、それまでアキバで時間を潰しました。
 そのために、夕方までたっぷり時間がありました。
 ということで、普段はスルーしているような目立たない路地裏の店まで探索してきました。
 これで、さらにアキバに関する知識がスキルアップ!

 意外と知っているようで、知らない店があったり、「こんなところにDVDが売っているのか?」とか「こんなところでPCパーツが売ってるのか?」と改めて感心することしきり。

 やはり奥が深いディープな街です、あそこは。

 今日は欲しかった「幕末機関説いろはにほへと」のDVD2巻をヤマギワソフトのポイント還元で、3000円というお買い得値段で買った後、以前から手に入れようかどうか迷っていたハルヒCDを中古店で探してゲット!

 実は以前、TSUTAYAで「ハレ晴レユカイ」や「冒険でしょでしょ?」を借りて、MDに落としたんですが、やはりこの2つのCDと「涼宮ハルヒの詰合」だけはどうしても手に入れて、手元に置いておきたいという気持ちが再び沸き起こってきて、今更ながら中古で手に入れました。
 ただ、「ハレ晴レユカイ」だけはどこの中古屋に行っても人気のために品切れで、仕方がなく新品でゲット!
 やはりハルヒ好きを公言する以上、このCDは持っておかないとね。

 今、家で聴いています。
 うむ。やはりミニコンポで聴くと違うな。
 「God knows」や「Lost my music」もかっこよく聴こえる。

 それと、今日は秋山お気に入りのメイド喫茶「Cute-M」に行ってきました。
 今日と明日の土日は、特別に「ギャルソンカフェ」なるものをやっているそうで、男装したメイドが出迎えるというイベントをやっていました。

 が、あくまでもここはメイドにこだわりたかった(メイド喫茶自体行くの久々だったので)秋山は、今回はあえてメイド喫茶をチョイス(メイド喫茶かギャルソンカフェか選択できました、4階がメイド喫茶、5階がギャルソンカフェ)。
 ところが、みーんなこのギャルソンカフェに惹かれるようで、メイド喫茶の方は土曜日の昼下がりなのに、がらがら。
 まあ、これはこれで落ち着いて食事できてよかったんですが。
 普段、休日だと店があんなにがらがらになることってないから。

 この店は、値段はちょっと高いけど、1000円のケーキセットがオススメ。
 5種類くらいあるケーキはいずれもおいしいです。紅茶も種類が豊富で、紅茶好きな秋山も重宝しています。

 それと、アキバにたくさんあるゲームセンターに突入。秋山は滅多にゲーセンには行かないので、今更ながら太鼓の達人に初挑戦!(流行遅れすぎる)
 と、いうよりは要は太鼓の達人に「ハレ晴レユカイ」があるからやってみたかっただけなんですが。
 でも、実際やってみると難しいですね。
 元々、音ゲーって苦手で、ダンスダンスレボリューションはもちろん、ギターフリークスも下手な秋山は、簡単モードでやっとクリアーできるレベル。
 でも、太鼓で「ハレ晴レユカイ」って新鮮で面白いですね。まあ、今更ですが。
 今度は是非「冒険でしょでしょ?」を取り入れてほしい。
 でも、何か面白いから今更ながら「太鼓の達人」にハマりそう。


 今回の連休は明日もちょっと用事でアキバに行くことになりそうです。
 ヤバイ!!
 もしかして、秋山はアキバ中毒!? 最近、給料日直後には必ずアキバに行って、金を散財しています。

 でも、改めて見ると不思議な街ですね。
 そして、重力に引かれるように明日もアキバへ…。
 明日はホコ天開放されてるし、久々にパフォーマンスでも見たいなあ。
2007/02/24 22:57|秋葉原情報TB:1CM:2

ご好評につき中級編を!

 涼宮ハルヒ検定初級を作ってから、1週間も経っていないのに、あっという間に100人突破しました! 予想以上の反響に秋山は嬉しい悲鳴を上げそうです!


ありがとうございました!



 早速ですが、今週末は珍しく土日連休なので、勢い余って早くも作ってみました。


涼宮ハルヒ検定(中級)



 いやあ、実は初級があまりにも簡単すぎて、みんな面白くなかったんじゃないかなあ、という不安な気持ちがありまして。
 実際、初級は完全にハルヒを知らないような初心者でもできるように狙ったものでして。
 今回からは少し難しくなります。
 本当はもっともっと難しくしたかったんですが、文字数の関係もあって、難しい問題は出せませんでした。
 あとは、上級でのお楽しみ、ってことで。
 あ、くれぐれも何も見ないで回答して下さいね。じゃないと面白くないですから。カンニングはいけません!

 それでは、多数のご参加、ご意見お待ちしておりまーす!
2007/02/24 00:55|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:5

ちょっとおまけ劇場が密かな人気!

 久々のゲームネタです。

 秋山も大好きだったあのキミキスが今、再び脚光を浴びています。と言ってもごく一部の間ですが。

 アキバブログによると、2月21日発売のテックジャイアン4月号に、本編では攻略できなかった川田先生を含む3つのシナリオを収録。これが当たって、今ではバックナンバーの問い合わせが殺到し、在庫切れを起こしているとか。詳しい記事はこちら→http://www.akibablog.net/archives/2007/02/tech_gian_kimikiss_vol3_070222.html

 さて、このテックジャイアンなる雑誌は何なのか。正直、秋山も知りません。
 で、とりあえずキミキス関係のおまけシナリオをチェックしてみると→http://www.kimikiss.jp/tg/

 となっていて、最新号は川田先生のほか、なるみと結美のようです。

 が、秋山的にはやはりバックナンバーの2→http://www.kimikiss.jp/tg/vol02/が気になります。

 何しろ秋山お気に入りの明日夏嬢と、摩央姉ちゃんが入ってますから!!

 これだけでも買いですね。とりあえず明日、明後日とやっと連休になったので、アキバに行って探してきます。
 あー、是非是非やりたい!
 とりあえず、キミキスファン、及びキミキスを一度でもやったことがある人は、やってみて損はないと思いますよ。
 ちなみに、バックナンバー1の深月のみ、ネット上で無料配布中だそうです。ヒマがある人はやってみましょう!→http://www.kimikiss.jp/tg/vol01/
2007/02/23 23:17|ギャルゲーTB:0CM:0

ハルヒ三昧

 衝動的に作った涼宮ハルヒ検定(初級)でしたが、予想以上に大きな反響をいただくことができました。
 ありがとうございます。
 トラックバックしてくださった方々に、お礼申し上げます。
 実は早くも中級作成に着手しており、今週末の完成に向けて、鋭意製作中です。
 初級は、ハルヒを知らない人に対してもやっていただくということで、かなり難易度を落としたんですが、ちょっと簡単すぎでしたね。
 中級、上級はもっと難しくします。特に上級はカルト的なクイズにしようと考えています。お楽しみに。
 それと、今日、長門さん同盟を見つけて参加!http://benta.blog50.fc2.com/blog-entry-144.htmlしました。いや、ハルヒとみくるの同盟はあったんだけど、長門はなくて探していたんですよ。よかったよかった。無表情だけど、頼りになる長門が好きなんで。


 さて、ハルヒ関連でYou Tubeを見ていると、面白いものを発見しました。
 ニコニコ動画って奴なんですが。
 まずはこちら。

長門の戦闘力数は?





※うまく見れない場合はこちらをご覧下さい。→http://www.nicovideo.jp/watch/utwYoky4B5KbU

ドラゴンボール好きにはたまらない面白さ! いやあ、なつかしいなあ、なんだか。


 続いて、同じく80年代もの。
ジョジョの奇妙な冒険でしょでしょ!?




※うまく見れない場合はこちらをご覧下さい。→http://www.nicovideo.jp/watch/utlmTgzwUTS0I


 いいなあ、若本さん!
2007/02/22 21:50|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:0

ハルヒ検定修正

 すいません。
 涼宮ハルヒ検定初級ですが、昨日の夜に急いで造ったので、間違いがありました。一部初級にしては難しい問題が入っていたのと、一問正解が間違っていたので、訂正しました。
 改めまして、これが完全版です。

 ハルヒに興味のある方、ただの通りすがり、色んなところで検定をたくさん受けている人、どんな方でも気軽にクリック一つで参加できます。

 なので、積極的にご参加下さい。
 また、問題の難易度について、意見があればコメントに書いてくださると助かります。
 難易度に関しては、結構考えるのが難しいので、どのくらいが「初級」なのか、結構悩みました。
 今後、中級、上級を作る時の参考にさせていただきます。

 そんなわけで、よろしくお願いします。
2007/02/21 22:11|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:0

ハルヒを愛する全ての人へ! 検定を受けよう!

 ブログを回っていて、面白いもの(なんとか検定ってやつ)を発見したので、ウチでもやってみることにしました。
 ずばり、


涼宮ハルヒ検定!(初級)



 今回は、初級なんで、簡単にしてあります。
 ほとんどの出題がアニメの6話まで、ライトノベルの「涼宮ハルヒの憂鬱」から取っているので、わかる人はすぐにわかるはずです。

 一部引っ掛け問題や、ちょっとマニアックな問題が混じっている以外は簡単です。
 さあ、皆さんやってみましょう!
 
 結果を報告してくれたりすると、秋山は嬉しくなって、続きを作るかもしれません。
 今後、機会があれば中級、上級も作りたいとは思ってます。
2007/02/20 23:31|涼宮ハルヒの憂鬱TB:1CM:2

ライトノベルブーム

イリヤの空、UFOの夏〈その1〉 イリヤの空、UFOの夏〈その1〉
秋山 瑞人 (2001/10)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


 最近はライトノベルが原作のアニメが増えてきました。
 一昔前だと、アニメの原作=マンガというのが当たり前だったんですが、最近だと「電撃文庫」や「角川スニーカー文庫」「ファミ通文庫」「富士見ファンタジア文庫」など、多彩なライトノベル文庫が原作のものが増えてきました。
 最近だと、「灼眼のシャナ」とか「涼宮ハルヒの憂鬱」がこの手のライトノベル→アニメ化の流れでは有名ですね。

 今回、秋山が毎日の長い通勤時間のお供に選んだのが、この「イリヤの空 UFOの夏」です。
 ちょっと古くて、2001年頃に刊行されたはずで、すでにアニメ化もされているので、ご存知の方も多いと思います。
 が、秋山はまだ見たことなかった(アニメも原作も)のと、「面白い!」という評判を聞いて、今更ながら原作にチャレンジします。
 丁度「涼宮ハルヒ」シリーズの小説も全て制覇して、一息ついたところだったので。

 当初、最近最も売れ筋という「とらドラ」というライトノベルを読もうと思ったのですが、UFO大好き、宇宙人大好きな秋山は(笑)まずこのタイトルに惹かれて、先にこっちを見ておきたいと思ったのです。それに作者と名前同じだしね!(関係ねえ!)


 秋山個人の予想だと、「とらドラ」はこのまま人気が出て、アニメになるでしょう。
 その時に読んでも遅くはないかな、と。
 まずはこの「イリヤの空 UFOの夏」の小説を完全制覇して、次にアニメも見ようと計画しています。
 ちなみに、秋山が生まれて初めて読んだライトノベルは「ロードス島戦記」でした。が、途中で面倒臭くなって挫折した記憶があります…。


 最近じゃ、ライトノベルは韓国や台湾、香港でも発売されているようですね。
 実は何を隠そう、密かにライトノベルの賞を取りたい、と思い続けている(しかし、なかなか書き進められない)秋山は、こういう先人のものを参考にして、次の角川学園大賞か、角川スニーカー大賞を狙おうと思っています。

 思ってはいるんですが、先人が偉大すぎて…。それを上回るものを書こうとすれば、するほど、なかなか筆が進まない…。
 構想だけはそれなりにあるんですが。
2007/02/19 22:22|ライトノベルTB:0CM:3

うまく活用してタダ見!

 先日、4月からの注目アニメを全部録画する! と宣言しました。
 が、もし見逃しても、これがあります。
 ずばりYou Tube!
 基本的にめんどくさいのが嫌いな秋山は、いかにして簡単に、そして安価でアニメを見れるかを考えて、ネット中を徘徊して、You Tubeを見れるところを色々探してきました。

 そして見つけました。
 恐らく現段階では、ここが一番確実にYou Tubeでアニメを見れます。http://yakuyakou.blog69.fc2.com/


 すでにここを活用して、秋山は前から見たかった「To Heart2」と「はぴねす」のアニメをかなり見させてもらいました。(まだ全部は見てません)
 つーか、今日は昨日から12時間以上寝て、午後1時頃に起きてから、ずっと見てました。ああ、ダメ人間。完全に引きこもりだ…。


 でも、ここはアニメ以外にも、ドラマや映画(アニメ映画含む)も見放題なので、非常に助かっています。

 皆さんも、タダで見たいって人は是非活用してください。
 ただし、You Tubeアニメってことで、映像は多少悪くなりますし、30分のアニメを大体3つくらいに切って分けているので、その都度切り替えをしないといけないという手間がかかりますけどね。

 でも、ほかと比べたら、比較的きちんと見れるところだと思います。
 昔の80年代アニメもあって、なつかしいーっ!
2007/02/18 19:35|アニメ(一般)TB:0CM:4

欲しいものが一杯!

 今日は出勤日でした。
 しかし! 朝、いつも通りに目覚まし時計をかけていて、一度は起きたものの、再び眠りに入り、次に目覚めた時は10時近い時間でした!


ノーーーーーッ!



 もう間に合うわけねえ。つーかもう始まってる。かつてないほど思い切り寝過ごして遅刻したので、もう腹をすえて、会社に電話かけて、「午後から出勤します」と言って、後は少し時間をかけて、日暮里駅前の本屋で立ち読みなんぞをしながら正午頃出勤という大名出勤なことをやってしまいました。

 ダメだ。秋山は低血圧なので、朝は非常に弱いんです。しかも、普通なら休みの土曜日。お休みモードに入っていると、もう簡単には起きれません。

 それはともかく、ここは「ゲーム、アニメ、マンガ」の話題を中心に扱うはずが、近頃はゲームの話が全然できません。
 すっかりご無沙汰してます。
 それは何故か?


秋山はニンテンドーDS持ってないから



 いや、正直ここまでヒットするとは思ってませんでした。この間、とあるゲーム屋に行ったら、ちょっと前までPS2のソフトで一杯だったコーナーがいつの間にかDSソフトで埋まってました。
 これも時代の流れですね。

 とはいうものの、万年金欠、金がなく貯金もない秋山はなかなかDSを買えません。
 手っ取り早く車を売ってしまえば、買えるんですが、今更そんなことはしたくない。
 それにこの間、アキバに行ったら、ほとんどの店でDSライトが売り切れていました。
 未だに凄い人気なんですね。
 とりあえず、DSを買ったら、まずはドラクエやりたいなあ、と思っています。あと、「ご当地検定」とかいう面白そうなソフトを見つけたので、これも。

 でも、同じくらい欲しいものがもう一つ。それはiPODです。
 今更って気がしますが、未だにこれを持っていないので、そろそろ欲しい。
 今まではMDウォークマンがあるからいいや、と思っていたんですが、MDウォークマンが衝撃でついに壊れてしまい、これで片道1時間半から2時間はかかる通勤時間に音楽のお供がいなくなってしまった!
 この時間を有効に使うために、今はDSかiPODのどっちかを欲しいのです。
 でも、やっぱDSはネットオークションとかで落とした方がいいのかな。
 給料入ったら、とりあえず新宿か池袋に行って、物色してきます。アキバはほぼ壊滅だったから。
 でも、都会は人が集まるから、売り切れるのも早い。意外と埼玉の田舎の国道沿いの小さなゲーム屋とかの方が置いている可能性は高いんですが。

 で、DSも買えない哀れな私は、今日もひっそりと昔の名作アドベンチャー「メモリーズオフ2nd」を今更ながらプレイするのでした。
 一応水樹奈々さんがヒロインの声で出ているし。今、聴いてみるとなんか初々しくて可愛い。
2007/02/17 21:22|ゲーム(一般)TB:0CM:0

4月からはちゃんと見るぞっ!

らき☆すた (1) らき☆すた (1)
美水 かがみ (2005/01/08)
角川書店
この商品の詳細を見る


 週末です。明日は土曜日です。普通の人は休みですね。
 しかし、秋山は出勤…。
 明日起きれるかどうかが不安。脳が休日モードに入っちゃうので。

 さて、私、秋山はあまりリアルタイムで放映中のアニメを見ることがありません。
 何故なら。

いっつも見逃すから


 これはアニメだけじゃなく、連続もののテレビドラマなんかでもそうですが、毎週何曜日の何時とわかっていても、ついつい忘れてしまう。
 そして、一度見逃すと、「あー、もうめんどくせえ」ってなって、結局見なくなります。
 最近では、せいぜい「涼宮ハルヒの憂鬱」と「BLACK LAGOON」をリアルタイムで見ていたくらいですが、これらも途中から放送していることに気づいて見ただけです。

 しかし、そろそろ本気モードに入ろうと思います。
 何故なら、

いちいち見たいアニメのDVDを買っていたら、金がかかりすぎる!


 まあ、至極当然のことなんですが。要するに自宅のDVD録画機で全部録画しよう、と。
 それでも、今までは割とDVDを惜しげもなく買っていたんですが、そろそろ貯金を始めようと思い立ちまして…。
 で、来る4月から放送される予定のアニメをネットで、徹底的に調べました。
 で、気になったのがこの「らき☆すた」
 Wikipediaを調べると、「どこの高校にもいそうな、普通の女の子たちの、まったり、ゆる~いふだんの生活を描く」とありました。


これってあずまんが大王?



 とかちょっと思いました。実際、設定も結構似ています。基本的にはアニメやゲームが好きな泉こなたをはじめとして、かがみ、つかさの姉妹、お嬢様の高良みゆき、クラス担任の黒井ななこ、成実ゆいなど(以下略)の登場人物が中心に描かれるみたいですね。
 何分、原作を読んだことがないので、どこまで「あずまんが大王」と違うのか、が個人的に見てみたい理由です。
 あずまんが大王は大好きでして、今でも自宅でDVDを引っ張り出して見ることがあるくらいです。
 ちなみに、「らき☆すた」はラッキー・スターの略で、舞台は埼玉!(現・秋山の地元)、製作は「ハルヒ」で一躍有名になった京都アニメーションってこともあってか、結構個人的には注目しています。

 他に4月放送開始で、気になるのは「ひとひら」http://www.hitohira.tv/
 これも学園モノですが、確か演劇部の話だったかな。イラストが綺麗で、気になってます。

 後は、注目の魔法少女リリカルなのはStrikerShttp://www.nanoha.com/
でしょうか。いよいよ第3期突入。つっても第1期、2期ともにまともに見たことないんですけどねw
 先日のライブで、水樹奈々が歌ってくれた新曲OPが楽しみです。

 後は、怪物くんの現代版みたいな、怪物王女http://www.tbs.co.jp/anime/kaibutsu/ってのもやるみたいですね。

 そしてそして! 野球好きにはたまらないあの作品がついにアニメ化です。


おおきく振りかぶって



 公式サイトこちら→http://www.tbs.co.jp/anime/oofuri/
 秋山は原作のマンガを見たことありますが、面白いです。野球に詳しい人でも、詳しくない人でも、それなりに楽しめます。
 まあ、原作はもう売っちゃって、手元にはないんですが。

 とまあ、現段階でわかる4月開始予定のアニメで注目すべき作品をピックアップしてみました。
 余談ですが、ケーブルテレビだったか、WOWOWだったか忘れましたが、3月からあの「一騎当千」の新作アニメを放送するそうです。
 見たいんですが、有料テレビ番組には加入してないので、見れません。
 よーし、これからDVD-RWを駆使して、スケジュール表を書いて、徹底的に録画しちゃる!
2007/02/16 21:03|アニメ(一般)TB:0CM:4

To Heart2再熱!

To Heart2~colorful note 1 (1) To Heart2~colorful note 1 (1)
きたうみ つな (2005/10/27)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


 先日、仕事帰りにアキバに行くと、アソビットシティの裏階段(ここは上りはエスカレーター、下りは階段のみ)にTo Heart2のポスターがでかでかと貼ってありました。
 急いで撮ったので、写真写りは悪いですが。


toheart2-ova.jpg



 今月末に発売されるTo Heart2のOVAの宣伝広告です。アキバではこうした過剰なまでの派手派手ポスターが多く見られますが、このアソビットシティの裏階段は特に凄いです。
 これでもかっ!ってくらいに宣伝してましたwww。よくも悪くもアキバらしくて、秋山はこういうの好きですけど。
 ちなみに新OVAシリーズの公式サイトはこちら→http://www.aquaplus.co.jp/th2v/index.html
 今回は新キャラも登場しますが、このみよりもタマ姉中心の話みたいです。

 今更って気もしますが、最近To Heart2が密かなブームです。(秋山が勝手に思ってるだけ?)
 店にはアニメDVDやマンガが置いてあり、ホビーショップの店頭にもフィギュアが並び、さらに先日のバレンタインでは、コトブキヤラジオ会館前で、店員が愛佳のコスプレして、チョコ配ってました。
 PC版発売からもう2、3年。PS2版発売からもう2年以上経つんですけどね。やはり名作です。個人的には1より2の方が好きです。


 うーむ。素晴らしい。ビバ、To Heart2!
 何を隠そう、最近やったギャルゲーの中では、このTo Heart2が一番好きな秋山、結局マンガを買ってしまいました。
 それが今回紹介するもの。現在3巻まで出ています。作者は「きたうみつな」という人。
 このマンガ、結構ゲームに沿った内容で、尚且つ絵がゲームに近いので、ファンでもしっくり来ると思います。

 今回はこのマンガとゲーム(PS2版)との比較をキャラクターを中心にしてやってみようと思います。意外と相違点があったりします。
※ネタバレです。まだTo Heart2をやったことない人は見ない方がいいかもです。
 では早速。

konomi.png

 このみはメインヒロインなので、マンガでもゲーム同様に立ち位置はほぼ確定で、このみ中心になることは間違いなく、マンガの貴明も結局最後にはこのみと結ばれるであろう事は容易に想像できます。


tamaki.png

 ゲームだと春休みが始まる直前、中盤くらいになってようやく登場したタマ姉ですが、マンガだとかなり初期の段階から登場します。彼女もゲームとあまり変わりません(得意のアイアンクローが雄二に炸裂っていうのもあります)が、ゲームじゃ描かれなかった貴明、このみ、雄二と4人で過ごすシーンが結構多用されています。


manaka.png

 愛佳いいんちょも、基本的にはゲームと同じ。あの小動物的な動きで活躍してくれています。彼女は3巻の段階ではまだまだメインの話が描かれていないので、これから先を見ないと何とも言えませんが、割とゲームに近いです。迷セリフの「次の授業は教室!」「宿題は来週まで!」「そんなの知るかーっ!!」ってのもありますwww妹の郁乃も登場します。


yuma.png

 由真もゲームとほぼ同じですが、一部脚色されているようで、確かゲームだと釣り勝負や、公園の池で一緒にボートに乗るシーンはなかったような気がします(記憶が曖昧。ゲームにあったらすいません)。例の「ダニエルになるー」(エコーつき)もあります。もちろん決めゼリフの「これで勝ったと思うなよーっ!」はあります。マンガとは全く関係ないんですが、ゲームでこの由真の声をやった声優さんは生天目(なばため)仁美さんという方ですが、彼女について面白いことがわかりました。「なばため」という特徴的な姓は、彼女によると、「先祖が武田勝頼の家臣で、天目山で主君が死んだ後、佐渡に逃れて、主は生きている、つまり『天目山で生きている』と信じて姓にした」とかで、何ともすごい由来のある姓です。以上、余談でした。


karin.png

 今回、一番脚色されてるのが花梨です。ゲームだと貴明を熱心にミステリ研に勧誘して、騙してしまいますが、マンガだとその経緯は省略され、いきなり体育館に呼び出されます。また、「ベントラー、ベントラー」っていうUFO呼び出しイベントも、ゲームのように1対1ではなく、このみやタマ姉、雄二の協力を元に行うというものになっています。さらに、るーことのナスカの地上絵事件が、貴明勧誘への伏線になっているっていう設定もゲームとは違います。


ruko.png

 るーこも結構脚色されています。ゲームでは割と孤独で、1対1イベントが多かったんですが、マンガではこのみやタマ姉、雄二と貴明を含めた5人で食事を取ったり、密かに宇宙人らしき人物と接触したり、UFOを呼び出し(花梨イベントにつながる)たりしています。



sango.png

ruri.png

 この双子の姉妹が一番ゲームのストーリーに沿っているかもしれません。クマ吉(みっちゃん)イベントから、イルファイベントまで、ほぼ同じです。


kusakabe.png

 PS2版限定の隠れキャラってこともあってか、まだ登場していませんね。何かこのままマンガだと登場しない気がします。

 ってなわけで、読んでいると、結構ゲームを思い出して、楽しい気分になります。
 アニメDVDは値段が高いし、後でYou Tubeで見ればいいや、と思っています。
 ちなみに、秋山が一番好きなのは、


愛佳いいんちょ★



 です。マンガじゃまだ図書室のイベントが描かれていませんが、彼女とのイベントは一番楽しませてくれました。
 他にもタマ姉、花梨、由真、るーこも好きです。つーかそうなるとほとんど全員かwww
 実際、個性的で、魅力的なキャラクターが多いのが、このゲームの特徴で、いいところです。
 まだゲームをやっていないって人は、是非やりましょう! やらなきゃ損!
 やると、ほんのちょっとだけ、心がぽかぽかと暖かい気分になります。
 荒んだ現代社会にとっての、オアシスです、これはwww。
2007/02/15 21:25|ギャルゲーTB:0CM:0

改めて振り返るNANA MIZUKI LIVE

THE MUSEUM(DVD付) THE MUSEUM(DVD付)
水樹奈々 (2007/02/07)
キングレコード
この商品の詳細を見る


 今日はバレンタインデー。去年は散々で、収穫ゼロだった秋山。今年も期待してなかったんですが、一応義理で3個ほどもらえました。
 まあ、去年は男ばかりの会社だったので、仕方ないけど。つーか、彼女いなかったから、同僚から「彼氏からもらった?」とかからかわれていたけど。思い出すと懐かしい…。

 まあ、そんなこんなで、仕事が早く終わったので、バレンタインデーの特別メニューを出しているというアキバのメイド喫茶「Cute-M」に帰り際に行こうと思っていたんですが、丁度滝のような凄い雨が降ってきたのと、金がないのとで、諦めました(涙)
 で、家に帰ってきた途端、雨止みました…。

 さて、気持ちを切り替えて、今日は先日の水樹奈々さんのライブの詳細を少し話しましょう。
 12日に書いたブログでは、ちょっと急いでいたので、かなり省略してますが、4時間にも及ぶライブ、さすがに盛りだくさんでした。
 ここで、このライブで水樹奈々さんが歌ってくれた歌及び、司会進行の流れについて、一挙ご紹介!!(数字は曲の順番)

NANA MIZUKI LIVE MUSEUM 2007

1. Tear’s Night
2. TRANSMIGRATION 2007
~MC1~

3. パノラマ-Panorama-
4. Nocturne-revision-
~プチ着替え~

5. ミラクル☆フライト
6. violetta
~着替え~

7. still in the groove
8. それでも君を想い出すから
~MC2~

9. 光(アコースティック・バージョン)
10. 水中の青空(アコースティック・バージョン)
~着替え~

11. Justice to Believe(MUSEUM STYLE)
12. ETERNAL BLAZE
~着替え~

13. SUPER GENERATION
14. アオイイロ
~MC3~

15. アノネ~まみむめ☆もがちょ~
16. POWER GATE
17. Heaven Knows
~MC4~

18. Crystal Letter
19. SECRET AMBITION(新曲、「魔法少女リリカルなのはstrikerS」OP
~着替え~

20. suddenly~巡り合えて~
21. The place of happiness
22. WILD EYES
~MC5~

23. ひとつだけ誓えるなら
~アンコール~

EN-1. 残光のガイア
~MC6~

EN-2. New Sensation
EN-3. PROTECTION
~ダブルアンコール~

WEN-1. 想い
~メンバー全員で挨拶~

LAST. POWER GATE(伴奏なし、水樹奈々アカペラ、全員で合唱)

 いやあ、書いてみると、なげー!
 改めて4時間って長いですね。
 まあ、聴いている方は楽しくてあっという間でしたけど。トイレも気にならないくらい熱中していたし。

 実は水樹奈々さんのライブに行くまで、恥ずかしながら秋山は彼女の昔の曲をあまり知りませんでした。最近の曲は知っていたんですが。
 でも、改めてライブで聴くと、いい曲が多いな、と思い知らされ、ライブが終わったその日のうちに、近所のTSUTAYAに駆け込み、彼女の初期のアルバムを全部借りてきて、今聴いて、MDに落としています。
 うーむ。
 いい曲が多い。

 初期の曲で特に好きなのは、

パノラマ-Panorama-


ミラクル☆フライト


TRANSMIGRATION


New Sensation



 など、かな。
 まあ、初期の曲じゃないのも入ってるけど。
 個人的に思ったのが、「パノラマ-Panorama-」の歌い方は浜崎あゆみっぽく聴こえるし、一方、「New Sensation」は大黒摩季の歌に似たような感じの曲があったような気がして、思い出しました。

 ま、いずれにしても、元々歌手を目指して15歳で上京してきた水樹奈々なので、歌は上手いですね。いわゆる「歌唱力がある」というやつで、さすがにそんじょそこらの声優の歌とは、一味違いますね。
 最近は声優も歌が上手くなってきたけど、彼女は特別上手いですね。

 そういう意味じゃ、高いお金を出してライブに行った甲斐があったというものです。
2007/02/14 21:11|水樹奈々TB:0CM:0

地方出身者に捧げる新・東京土産!?

 忘れていました。
 先日の日曜日、アキバに行った時に、アソビットシティ前で大量に販売されていて、気になってつい買ってきたものを紹介します。

 それがこちら。メイドイン東京


maidintokyo1.jpg



 中はチーズケーキです。確か6個入りで630円くらい。
 秋山は一応、地方出身者で、上京してきた身なので、たまーに(あんまり帰らないけど)地元に帰ることがあります。
 その時、よく迷うのが東京の土産。
 定番のひよこや、東京バナナだと、もう有名すぎて飽きられてしまうので、選ぶのになかなか苦労します。
 そこで、これはどうでしょう。
 今、東京で、いや日本で最もホットなスポット、秋葉原から生まれた新・東京名物! にはならないかなw
 最も、これを親に対して買って帰る勇気はありませんがw
 ちなみにフタを開けると中はこうなっています。


maidintokyo2.jpg



 何だか微妙にメルヘンチックで、女性受けしそうな感じのパッケージ。写真じゃわかりにくいんですが、フタを開けると微妙に立体的に飛び出す仕掛しなっています。
 ちなみに、パッケージの正面には「萌える東京土産」という文字と、吹き出しとして、「ご主人様 どうぞお食べください」という文字が躍っています。

 おまけとして、パッケージ裏には、キャラクターの説明書きが。
 赤い髪の子(パッケージ正面の子)はもも(ももこ)、黄色い髪の子はみゆき、青い髪の子はエリカだそうです。
 まあ、こんな裏設定はどうでもいいっちゃいいんですがw

 ちなみに、問題の味ですが、チーズケーキとしては結構イケます。秋山は甘い物が好きで、チーズケーキも結構好きなんですが、その私が言うので、多分大丈夫でしょう(味覚がイカれてなければ)
 一口サイズで食べられる小さなチーズケーキが6個入っています。美味しいので、すぐに食べきってしまいましたけどね。
 最近はアキバがすっかり観光地化されてきたので、こうした土産物が土日になると、店頭で販売しているところが増えてきましたね。
 今はもう、羽田空港や東京駅で土産を買う時代ではないんです!

アキバで土産を買おう、地方出身者よ!


 なーんてね。
2007/02/13 23:31|秋葉原情報TB:0CM:2

女子高生コスプレ&チョコレート

 世の男性が一喜一憂するバレンタインデーまで残すところあと1日。秋山にはこのイベントはあまり関係がないけど、アキバのメイド喫茶ではバレンタインに合わせて、各種イベントをやっている店が多いです。

 そこで、秋山は自らのメイド喫茶経験値を上げるためにも、本日仕事が終わってから、急いでアキバに行き、そのイベントをやっている店の一つを訪問、調査してきました。

それはミアカフェです。→http://www.mia-cafe.com/

 ここは前から気になっていて、一度行ってみたいと思っていたのですが、よく色んなコスプレDAYを設けて、様々なコスプレを披露している店です。
 午後8時半頃に入店。混んでいて、順番を待つために予約を入れて、30~40分くらい待っていると、電話が来て「空きました」との知らせが。

 早速行ってみると、そこはまさに女子高生ワールド。そう、本日のコスプレは女子高生。セーラーからブレザーまで色々。
 まあ、これをあらかじめ知っていて、それ狙いで行ったわけなんですが。
 おまけに、バレンタインイベントとして、客に小さなチョコレートを配っていました。

 それにしても、女子高生の格好をしたメイド(というかもはやただの女子高生ウェイトレス)に給仕されるのって、初めてでちょっと奇妙で新鮮な感覚でした。

 何と言うか、高校の学校祭に来たみたいな感覚を味わえて、不思議とノスタルジーを感じました。
 と、言っても秋山は高校時代、男子校だったので、リアルタイムで女子高生にはほとんど接していない寂しい青春時代を送ったので、どっちかというと中学時代(古い)を思い出していたりして。

 店内は古きよき古風な喫茶店(80年代のきまぐれオレンジロードに出てきそうな)で、落ち着くんですが、店内は狭く、席数も少ないので、すぐ一杯になってしまい、待たされることが多いのが難点かも。

 個人的にはやっぱり「Cure Maid Cafe」や「JAM アキハバラ」や「Cute-M」が好きかな。
 Cute-Mでもイベントやっていたんですが、時間が遅かったので、間に合わず帰ってきました。

 明日はいよいよバレンタイン。バレンタイン前後2、3日はこうしたイベントをやっている店が多いので、探して行ってみると、普段とは違った気分を味わえるかも。
2007/02/13 23:07|秋葉原情報TB:3CM:0

奈々ちゃんに元気を分けてもらった!

 本日、行って参りました、水樹奈々ライブin横浜アリーナ!!(正式には「NANA MIZUKI LIVE MUSEUM 2007」と言うんですが)
 実は不肖秋山、今までコンサートには行ったことがありますが、声優のコンサートは初めてで、ちょっと緊張気味でした。

 が、始まってみるとそんな不安は一瞬で消し飛びました。
 感想。


最高ですっ!!



 何と言うか、こう声優のコンサートっていう雰囲気じゃなかったですね、いい意味で。
 一般のJ-POPSの歌手と何ら変わらない、あるいはそれ以上かという凄まじい熱気に包まれ、まさにステージと観客が一体となったような感覚を味わえました。
 最初は緊張気味で、恥ずかしかった秋山ですが、徐々に慣れてきて、周りの人たちの一緒になって、拳を振り上げていました。
 ただ、個人的にもったいなかったのが、サイリウム(コンサートでよく使われる蛍光ライトペンね)を持っていかなかったので、周りの人がみーんなサイリウム振っているのに、秋山だけ(でもないけど)一生懸命拳を振るしかなかった…。
 しかも、入口で赤いサイリウムをもらっていたのに、コンサートなんてほとんど行かないから、サイリウムの使い方がわからない!orz 一生懸命折ろうとしたんだけど、あの説明書きじゃどこを折っていいのかさっぱりわかんない。隣の人に聞こうと思ったんですが、もう曲が始まっていて、それどころじゃない。誰でも知ってると思わないでもらいたいです。もっとちゃんと説明書きに書け! と言いたかったんですが、会場は暗いし、結局途中でどうでもよくなって、拳を振り上げることにしました(つーか情けないっすね)
 まあ、それはともかく、開幕前の会場の様子はこんな感じ。

arina.jpg


 これは秋山が横浜アリーナに入場後に内部のテラスから撮ったので、実際にはもっと人がいました。
 横浜アリーナの収容客数は約1万7千人ということですが、そのほとんどが満席(一部空席もありましたが)だったので、少なくとも1万6千人はいたでしょう。
 声優のコンサートっぽくないと感じたのは、客層も、アニメオタクっぽい人ばかりでなく、一般っぽい人(基準は曖昧だけど)や若い女性も結構いました。
 それだけ一般にも認知されている水樹奈々嬢。

 さて、実際に見た水樹奈々嬢はというと。
 やはり実物は可愛かった! ですね。もっとも秋山のいた席はステージから非常に遠くて見づらい3階のスタンド席なので、ほとんど顔は見えず、巨大モニターで確認していただけですが。小柄な人なのに、物凄く元気でパワーがあって、ノリがよくて、明るいお姉さんという感じの人でした。
 あの小さな身体にあれだけのパワーがあるのにはビックリしました。結局ほとんど休むことなく、4時半~8時半頃まで、4時間にわたって歌い続けていた彼女。そのパワーは凄いです。
 それに後半になると、特に観客とステージが一体となって、物凄い大歓声に包まれ、普段こういう場に滅多に来ない秋山も、元気一杯の彼女から不思議な元気パワーをもらった気がしました。

 演出も派手で、一部では爆竹を使ったり、「Justice to Beleive」では火を使ったり、ある曲では雪を降らせたり、と様々なことをやってくれました。
 また、どこよりも速くこのライブコンサートで、水樹奈々が4月に発売するニューシングルを聴くことができたのが嬉しかったです!
 その曲とは「リリカルなのはstrikerS」のOP曲で「SECRET AMBITION」とか言うらしいです。
 どこよりも速く、コンサートに行った人だけ聴けたのは嬉しいです。しかも、彼女の曲の中でも、かなりいい部類に入る曲。きっとオリコンでも上位に行くでしょう。

 また、彼女の人柄にも感服しました。
 母からの手紙に涙を流すシーンや、最後の最後にアンコールに応えて登場し、最後の最後までステージから客席をわざわざ歩いてぐるりと一周して、「ありがとう」「ありがとう」と何度も言ってくれた姿が印象に残りました。
 こっちの方がむしろ「ありがとう」と言いたいくらいです。
 ああ見えて、彼女は相当苦労している苦労人で、ようやく今の地位を築き上げたんだ、ということもわかりました。
 
 あんなにがんばっている彼女を見ていると、最近ダレて仕事してる自分が情けなく思えてきます。
 とりあえず、明日からまた仕事がんばろう! っていう気分にはなりましたね。


素晴らしい時間をありがとう、水樹奈々さん!



 今はそう言いたい気持ちで一杯です。
 最後に、会場で配っていたフリーペーパーをご紹介します。
 ちょっと見づらいけど、アニカンの号外です。


nana.jpg
2007/02/12 23:43|水樹奈々TB:0CM:2

アキバホコ天パフォーマー(後編)

 続いて後編。
 今日は本当に盛り上がっていました。
 1時頃アキバに着き、前編でも紹介した有希ちゃんのライブを見ながらぶらぶらしていると、偶然Law15の森乃社長っぽい人物を発見!
 ちょっと様子を見ていると、やってくれました。
 ガードレールに上って、「革命」と書かれた拡声器を持って演説? という例のスタイルを。たまたま近くにいたのが幸いして、最前列に陣取って見ることができました。

morino1.jpg


 つーか、風が強かったので、結構きわどいシーンがあったり…。(狙っていたわけじゃなくて偶然です…)


morino2.jpg



 ただ、今回はポリスがうるさいらしく、ネコミミとメガネをつけただけのイベントで、脱ぐ行為とかはなかったため、割とあっさりと終ってしまって、ちょっと残念でした。

 ただ、他に面白いことをやっている人は発見できました。
 まずは、コレ!
 ついに秋山がナマで初めて見て、リアルタイムな涼宮ハルヒのコスプレ!


haruhi-real1.jpg


 また、客? の要望に応じて、こんなハルヒチックなポーズも。


haruhi-rial2.jpg


 よく見ると、ビミョーに後ろにいるのがキョンと思われます。
 場所はとらのあなの前あたり。

 すぐ近くでも、こんなコスプレで人気を集めている人がいました。

sakura.jpg


 彼女は朝倉さくらさんというコスプレ嬢アンドシンガーらしいです。ライブイベントの宣伝をしていました。

 そして、ちょっとビビリつつも、この寒い中、よく頑張るな、と思ったのが、こちらのお2人。


minisuka.jpg


 なんとミニスカポリスで登場。さらに凄いのが水着でパフォーマンスしている女の子の集団もいたんですが、あまりの人垣の多さに、カメラを構える余裕もなく、断念しました。

 今のアキバって何でもありですね。
 ある意味、電気街やオタク街という枠をはみ出して、パフォーマンスの街、路上ライブの街になっています。
 それだけに、言わば「今、東京で一番元気な街」とも言えますね。
 歩いているだけでも、聞こえきた言葉が、関西弁、どこかの方言、そして外国語。
 つまりは、東京やその近辺に在住している人以外にも、日本全国や世界中から人が集まるわけです。
 そりゃああれだけの人込みになってもおかしくはないです。
 ある意味、日曜日のアキバはお祭り騒ぎ状態です。遠方に住んでいる方も是非一度日曜日のアキバに行ってみることをオススメします。
 色んな意味で、新しい世界が開けます。今の賑やかなアキバを見ないと損、損!

 と、久々のアキバ日曜日を満喫してきました。ただ、お金がなかったので、本当に見るだけで、メイド喫茶には今回は1軒も行きませんでしたが。
 そして、明日はいよいよ水樹奈々さんのライブ!今日は早めに寝て明日に備えます。
2007/02/11 18:53|秋葉原情報TB:0CM:2

アキバホコ天パフォーマー(前編)

 今日は先日噂になったLaw15の森乃社長を激写するために、アキバに行ってきました。
 実は秋山がアキバに行くのは土曜日が多いので、日曜日のホコ天に行くのは久しぶりでした。
 最近は警官がうるさくて、パフォーマーの数も減ったと言われていますが、まだまだアキバは元気でした!
 その時に撮った写真をアップしました。
 結構色々あったので、前後編に分けます。
 まずは前編。


 起きたのが12時近くだったので、急いでアキバへ。
 まず初めに中央通りを歩いていると、いきなりありました。人だかり。その中心にいたのは。

seifuku1.jpg


 自称「13歳」という少女なんですが、13歳には見えませんでしたね。

 続いて、先日話した例の店「ザ・サンボ」に突撃! 
 ここの牛丼は噂通り美味いです。それに並盛とは思えないボリュームの多さ。日曜日の昼ということで、大盛況でした。

 そして再び中央通りに戻ると、今度は先程よりも物凄い人だかりが! その中心にいたのが彼女。有希(ゆぅき)ちゃんという19歳(若い!)のシンガーソングライター。2004年頃から大宮を中心にストリートライブをしていたそうですが、ここ最近は毎週のようにアキバに来ているとか。
 可愛いこともあって、ここが一番盛り上がっていました。場所はドン・キホーテの前あたりです。

yuuki1.jpg


 が、すぐにポリスメンがやって来て、一時解散。
 その後あっちこっちをふらふらと見ながらまた戻ってくると、またやってました、彼女のライブ。

yuuki2.jpg


 歌唱力はまあまああるし、歌はまあ下手な方じゃないと思います。歌声が綺麗でした。ちなみにホームページもあるようですので、興味を持った方はどうぞ→http://www.yuuki-star.com/p_index.html

 丁度午後2時頃。あっちこっちでパフォーマンスが繰り広げられ始めてホコ天は大混雑。

 
singer1.jpg



singer2.jpg



 幸いにもそんなにポリスが来ることもなく、こうした路上ライブが夕方近くまでずーっと続けられていました。

 最後にまたまた彼女を見るために、戻ってみると。
 やっぱりやっていました。連続で歌い続け、一番大きな人の輪を作っていました。夕方まで歌って、その後はヨドバシアキバ前でも歌うと言っていました。
 せっかくなので、大きな写真で。

yuuki3.jpg
2007/02/11 18:35|秋葉原情報TB:0CM:2

今年のプロ野球大胆予想(パ・リーグ編)

 今日から3連休というのが世間一般での常識でしょう。
 しかし、今日は秋山にとって平日と何ら変わらない1日でした。そう、土曜日でも出勤でした。
 でも、私服で仕事をするので、どうも土曜日は気分が乗らない。で、またまた野球のことを考えていました。
 広島の前田ってやっぱ天才だな、とか中村ノリはもうダメだな、とか取りとめもなく。

 さて、昨日に続き、今日はパリーグの予想を。
 例によって、秋山の個人的な予想なので、批判やブーイングはご容赦を。
 去年は北海道日本ハムの圧倒的優勝で、北海道はフィーバーに包まれましたが、今年はどうなるか。

 本命はソフトバンクです。これはもう大本命です。総合力ではダントツで強いです。
 去年、一昨年とプレーオフでいずれも西武、日本ハムに僅差で敗れて悔しい思いをしてきたソフトバンクですが、今年は一味違います。上手く開幕連勝を飾れればそのまま独走する恐れすらあると思います。
 まず投手力。元々先発陣は斉藤、和田、新垣、杉内と鉄壁なのに比べ、中継ぎや抑えはイマイチな感がありましたが、今年は中継ぎに若手の柳瀬、台湾の陽、新外国人のニコースキーと駒が揃っていますし、抑えの馬原も安定しています。
 それに加え、打撃陣。ズレータがロッテに移りましたが、何と言っても大きいのが小久保の復帰多村の加入
 小久保と松中、それに多村でホームランを量産し、成長した川や芝原がきっちり安打を打てる。
 これだけの陣容ですから、正直どこにも隙が見当たらないほど。かつてないほど戦力は充実していると言っていいでしょう。
 隙があるとすれば、絶対的捕手の不足と、控え選手の層の薄さくらいですね。

 続いて対抗は西武
 西武と聞いて意外に思われる人が多いと思います。エース松坂のメジャー行きで、一気に戦力ダウンしたと思うのが普通です。
 しかし、西武には王者としてのプライドと底力、それに若手の成長があるので、秋山的には期待はできると思っています。
 投手陣では、松坂に代わる新エースとして、去年活躍して有名になった涌井がいますし、西口や帆足、それに新加入のジョンソンにも期待できます。
 それに何と言ってもルーキーの岸と山本(淳)が素晴らしい出来らしいです。
 伊東監督曰く。「岸はかつて日本ハムで活躍した西崎に似ているし、山本は渡辺久信に似ている」らしいです。
 開幕ローテ入りもありえるくらいの大物ルーキーです。
 打っても今年も健在のカブレラに、和田、そして今季は絶好調との評判が高い中島がいます。これに「おかわりくん」こと中村が復活すれば恐い打線の完成です。
 また西武は機動力のあるチームで、片岡、石井、赤田、福地をはじめ塁に出ればどこからでも走れる機動力を持っています。

 穴はロッテ。2005年に優勝した時の監督、ボビー・バレンタインはまだまだ健在ですし、期待のルーキー、松本や荻野がいますし、打っても移籍してきたズレータにベニー、福浦のクリーンアップが強力で、さらに今年から登録名を変えたTSUYOSHI(西岡)が調子いいようですし、オフで徹底的に強化していた今江も復活すれば恐い。
 投打の歯車がうまくかみ合えば、一気に優勝を狙えるチームです。

 去年優勝の日本ハムは、やはり新庄、小笠原という主軸の2人の離脱が痛いです。これは戦力面ももちろんですが、精神面で大きいと思います。
 チームの核である選手が2人も抜けた穴を補うのは、森本や稲葉、セギノール、それに新加入のグリーンくらい。出て行って戻ってきた坪井が驚異的な復活を遂げれば、希望も見えてきますが、打撃陣は正直キツイかな、と。
 反面、投手力の方は期待はできます。ダルビッシュに武田、金村が健在で、抑えにもマイケルがいますし、ルーキーの宮本、糸数あたりが結構期待できそうです。
 が、やはり打力に難があるのは否めません。

 オリックスは監督がコリンズになったとはいえ、去年とさほど変わらない陣容。清原が健在というのは大きい要素ですが、移籍したラロッカの怪我が直らなければ絶望的かも。投手陣では2年目のジンクスに挑む平野や去年中継ぎで活躍した菊池原がいい成績を残せそうですが、やはり絶対的エースが不在(川越ではちょっと不安)が大きな不安要素。

 楽天は、勝敗に関係なく注目すべきなのが、去年甲子園を沸かせたあのゴールデンルーキー、田中将大でしょう。
 野村監督も絶賛で、開幕ローテもありうるくらいの期待と信頼を寄せているらしいです。
 それに去年は怪我で活躍できなかった岩隈が復活すれば、一場と3人で勝ち星を積むことはできるかもしれません。
 が、問題は打撃力。
 現段階ではフェルナンデスと山崎に頼るしかないクリーンアップと小粒な若手が中心で、去年のデータを見ても走者が出ても残塁になって得点に結びつかないケースが多い。
 長打が出ない以上、コツコツつなげる野球をやらなければ楽天は今年も厳しいでしょう。

 と、大体こんな感じでしょうかね。
 個人的には、去年の斉藤和巳がプレーオフで流した涙が印象的だったので、今年はソフトバンクにがんばってもらいたいかな、と。
 もちろん、一応、今は地元の西武ライオンズも応援はしているんですけどね。
2007/02/10 21:11|ギャルゲーTB:0CM:0

今年のプロ野球大胆予想(セ・リーグ編)

 ここは本来、アニメやゲームやマンガを中心としたブログです。
 が、管理人秋山が多趣味なため、たまーに全然関係ない話題に飛びます。なので、興味ない人はスルーして結構です。
 実は昨日の仕事帰り、深夜までやっている近所の書店に立ち寄って、「プロ野球選手名鑑2007」を偶然見つけて、速攻でゲット!

 その影響で今日は仕事中、ずっと今年のプロ野球の展望について考えていました(なにやってんだか)
 2月に入って、各チームとも春季キャンプに踏み出して、いよいよプロ野球開幕が近づいてきました。
 で、今日の議題はずばり、コレ!

今年のプロ野球どこが優勝するか、大胆予想!


 今日はセ・リーグ編。あくまでも秋山の個人的な予想なので、抗議などは受け付けませんので、あしからず。

 プロ野球選手名鑑を見るまでもなく、今年も話題豊富なプロ野球。
 松坂や井川、岩村が抜け、益々寂しくなる球界ですが、楽天の田中や個性的な新外国人の登場など、まだまだ国内でも楽しめます。

 で、問題の予想ですが、競馬予想のようにやってみると…。

 本命は阪神。秋山が阪神ファンってことの身贔屓も多少はありますが、今年は面白そう。
 井川が抜けた穴は大きいんですが、去年福原が復活し、下柳もいい成績を残せています。これに安藤、新外国人の速球派ジャンが加わればそれなりの先発陣。中継ぎ、抑えにはあの鉄人藤川球児がいるし、久保田も健在。
 打つ方でも、アニキ金本(この人の体力年齢は何とまだ25、6歳なんだとか。化け物だ)にシーツに、恐らく復活する今岡。それに去年復活した浜中など素質十分。
 去年後半の驚異的な追い上げを考えれば、優勝は十分狙えます。

 対抗は中日。総合力においては阪神より上かも知れませんが、ここ最近連覇を果たしたチームはセリーグではほとんどないのが現状。川上、佐藤、山本昌に加え、今年は平井も先発陣に加わるらしいですが、あまり真新しさを感じられない陣容が残念。とはいえ、新加入の李やグラセスキーが活躍すれば浮上する恐れあり。むしろ、一番恐いのは落合監督という気がします。この人の独特の指揮力は恐い…。

 穴は横浜。ここ数年低迷していますが、大矢新監督のもと、復活を遂げるかもしれません。工藤や寺原の加入で先発陣に厚みが増しているし、鈴木尚が復活して、去年ブレイクした吉村あたりが爆発して、移籍した仁志が活躍すれば面白いかも。新外国人のホセロやチアソンがクルーンに劣らない速球派というのも面白そう。

 残るは巨人、広島、ヤクルトですが、小笠原、谷が加入したものの、やはり投手陣がぐらついているのと、またも4番バッターばかり取った巨人のやり方にそもそも疑問を感じますし、これで勝てるとはあまり思えない。
 広島は脅威のナックルボーラー、フェルナンデスが加入したのが面白いですが、やはり全体的に力不足は否めない。かつての投手王国が復活して、打力も安定すれば強くなるんですが。
 ヤクルトも正直パッとしない。青木、リグスが打つのは容易に予想できますが、ラミレスが調子悪いらしいですし、投手陣も抑えの五十嵐、石井弘が共にダメ。高津もイマイチらしいです。唯一、タフなベテラン木田や石井一が奮闘すれば面白くなるかもしれません。

 と、こんな感じですね。
 実は今、自宅にあるPS2ゲーム「新ベストプレープロ野球」で、2007年度版のデータを入力して、ペナントレースをシミュレーションしていますが、その結果。
 優勝するのはセリーグは中日。パリーグはソフトバンクになりました。まあ、ゲームの予想ですから、当たるとは限りませんが。
 っていうか、ソフトバンクが強すぎて、70試合くらいでもうマジック点灯してしまいましたが。
 中日に続く2位はヤクルト、3位は阪神になりました。
 どうも秋山の予想とは違うな。
 でも、今年からセリーグもプレーオフを導入するので、3位以内に入ったチームにはチャンスがあるんですね。
2007/02/09 22:59|ギャルゲーTB:2CM:0

ナナだけに7日!?

THE MUSEUM(DVD付) THE MUSEUM(DVD付)
水樹奈々 (2007/02/07)
キングレコード
この商品の詳細を見る


 大事なこと忘れてました!
声優にして、歌手、今やテレビ出演、ラジオ出演に引っ張りだこの人気者、水樹奈々のベストCD発売日でしたね、今日は。
 で、本日のアキバはどうだったのか?
 お馴染みのアキバブログにて、ご確認下さい。→http://www.akibablog.net/archives/2007/02/mizukinana_the_museum_070207.html

 秋山は、来週に迫った水樹奈々コンサート(横浜アリーナ)を見に行く関係上、どうしても発売日に欲しかったので、仕事が終った後、速攻で買いに行きました。
 今、聴いていますが、やはり歌は上手いですね。歌唱力があります。その上、作詞もご自分でやっているので、「声優界の浜崎あゆみ」と言われるのも、何となくわかるかも。

 今回のベストは、水樹奈々デビューシングルから、最新シングルまでを網羅したもので、「魔法少女リリカルなのは」OPや「バジリスク~甲賀忍法帖~」EDなどの有名曲も収録され、その上DVDによるプロモもついて、値段は普通のアルバムと同じ3000円なんで、お買い得ですよ!
 秋山的には、一番好きな曲はPS2のゲーム「WILD ARMS the Vth Vanguard」のOP曲である「Justice to Believe」ですね。
 WILD ARMSはPSの頃からやっていたゲームなので、(途中で挫折したものもあるけど)この曲は印象深いんです。
 ネット上で見たこの曲のプロモもかっこいいものでしたし。

 考えてみれば、水樹奈々さんのライブコンサートまであと1周間ないんですね。
 今から楽しみです。
 まあ、席は後ろの方しか取れなかったんですが。

 さて、オリコンで何位くらいまで行くかな~。声優でここまで成功した人も最近じゃ珍しいと思います。かつては林原めぐみのCDがオリコン上位に入ったことがあったけど、水樹奈々はそれ以上の一般への進出が著しい。
 前から思ってたんですが、水樹奈々って、眞鍋かをりに顔が似ているような気がします。
2007/02/07 22:57|水樹奈々TB:0CM:2

漢(おとこ)の食堂へ突入せよっ!

 最近仕事が安定期に入って、割と早く帰れる日が増えてきました。
 そのため、仕事帰りにふらっとアキバに立ち寄ることが多くなりました。
 今日も行ってきました。
 今日は予約していた水樹奈々のCDを受け取りに行ったんですが、そのついでに、とある場所の視察に行ってきました。

 それは、

ザ・サンボ


詳しい情報はこちら→http://homepage3.nifty.com/sphere/project/sanbo/sanbo.html

 いや、実は今日、別の事業所で働いているけど、週に1・2度助っ人に来る同僚と昼飯時に話した話題で、たまたまアキバが出てきたんです。
 東京は赤羽生まれで、東京育ちの彼はさすがにアキバにも詳しい。
 その彼曰く。

「ここで食べなければアキバは語れない!」


 と熱弁を振るって語ってくれました。
 上記のホームページを見るとわかりますが、「ザ・サンボ」とは知る人ぞ知る場末の酒場的な古ぼけた牛丼屋らしいのです。
 が、その説明を見て笑った。

「西部開拓時代にありそうな牛丼屋」


 ってあるんですが、それって一体どういう店だ!? と思い詳しく見てみると、面白いことがわかってきました。
 この店、秋葉原がまだ純粋な電気街で、メイド喫茶なんかなかった前世紀から脈々と営業を続けてきた老舗。
 頑固なオヤジと、恐いおばちゃんが営業しているらしく、この店独特のルール(例:店内で携帯を使うな、隣の席やテーブルに荷物を置くな、大きなカバンやPCケースは持ち込むななど)を守らない客は、容赦なく追い出す! んだとか。
 なので、初めて行くときには、それなりの覚悟と前知識が必要。
 今日はもう遅い時間で営業が終了していたので、今度日曜日にでも訪問してみようと思っています。
 まさに「漢(おとこ)」の硬派な牛丼屋。当然、こんな店に若いOLが入るわけもなく、客層の大半はむさくるしい男ばかり。
 でも、それだけに男性客をターゲットにしているのか、ボリュームが半端じゃなく多いらしく、松屋や吉野家、すき屋の比じゃないとか。
 場所は中央通りから一本入った一本目の路地。
 大体、ソフマップ本店の裏あたり。近くに「九州じゃんがら」やPCパーツ屋があります。

 そうそう。
 今日はここに行けなかったので、これもアキバで有名な美味いラーメン屋「九州じゃんがら(秋葉原本店)」に行ってきました。→http://www.kyusyujangara.co.jp/shopsearch.php?kjid=1
 ここは割とあっさりしたトンコツラーメンが美味いです。トッピングで、めんたいこや味玉子、角肉などを入れたり、替え玉と呼ばれるおかわり(一杯150円)も頼めて、結構安くて腹も膨れます。
 このラーメン屋は前から知っていたんですが、土日に行くと大抵行列が出来ているので、平日の夜に行ってみました。
 かつては、飲食店が全然なかったアキバですが、最近はこういう店が増えてきましたね。もちろんメイド喫茶も含めてですが、メイド喫茶って全般的に値段高いんですよね。
2007/02/07 22:26|秋葉原情報TB:0CM:2

17歳の教祖?

 今日はせっかく仕事が速く終わったのに、利用している東武東上線が人身事故で1時間以上に渡って不通になってしまい、池袋で足止め食っています。
 暇つぶしも兼ねて漫画喫茶から急遽書き込みしています。「そうまでしてブログ更新するか!」という声が聞こえてきそうですが、こういう時は焦っては損すると秋山は考えているので。
 路線が復旧しても、電車を待っている客がなだれ込むので、メチャ混むのは必定。朝の通勤で散々込み合うのを経験しているので、帰りくらいはゆっくり帰りたい。

 それはともかく、皆さんは「17歳教」という言葉をご存知ですか?まあ一般の方にはなじみのない言葉でしょうね。あるいは音楽好きな30代以上の人なら「尾崎豊?」とか思うかもしれませんが、実は違います。
 17歳教とは、「お姉ちゃん」こと井上喜久子さんが突如提唱した教え? というか、名称。詳しくはこちらを参照。→http://ja.wikipedia.org/wiki/17%E6%AD%B3%E6%95%99#.E8.87.AA.E7.A7.B0.E3.80.8C.E4.BA.95.E4.B8.8A.E5.96.9C.E4.B9.85.E5.AD.90.E3.80.8117.E6.89.8D.E3.80.8D

 簡単に言うと、かつて井上喜久子が山本麻里安と競演していたラジオ番組で、山本麻里安が「山本麻里安、16歳です」という自己紹介を真似て、「井上喜久子、16歳です」と言い出したのがきっかけ。山本麻里安が17歳になったのに合わせて「井上喜久子、17歳です」と言うようになり、今に至るまで、彼女は「永遠の17歳」なんだそうです。
 しかも、この奇妙な教えを、後輩声優たちが伝承していったらしいです。
 井上喜久子に許可を得て、続いて田村ゆかりが「永遠の17歳宣言」してしまい、さらに野川さくらも入信?したとか。
 ちなみに、最近では佐藤利奈堀江由衣も入信。
 山本麻里安、新谷良子、水樹奈々などは17歳教ジュニア(笑)と呼ばれているらしいです。
 オ●ム真理教よりは、余程健全だが、それでいいのか、現代日本!?と言いたくなるような(まあ本人の自由だから、文句は言えないけど)教えなのです。

 ちなみに、井上喜久子の親戚は「恥ずかしいからやめてくれ」と訴えているらしいです(笑)
 さらに詳しい話をすると、井上喜久子は2005年(平成17年)、デビュー17周年と自称17歳と、17が3つ並んだことにちなんで、『井上喜久子声優デビュー17周年記念イベント「HAPPY☆SEVENTEEN」』が行われたとか。
 去年(2006年)には、「コードギアス はんぎゃく日記」で、「わたし一応17歳なんだけど、(芸歴)18年目なの」というシュールな会話があったらしいです。

 良くも悪くも井上喜久子は一時代を築いた声優ですから、その影響力は計り知れないんですねえ。近い将来、教科書に井上喜久子が載ったら、(んなことはないだろうけど)この17歳教も歴史に残る教えとして記録に残されるかもしれません。

 ちなみに、秋山的には、井上喜久子さんで好きな役は、古いものだと「らんま1/2」のかすみさん、最近だと「サクラ大戦3」のロベリア、「おねがいティーチャー」の風見みずほなんかが好きですね。あ、忘れちゃいけない「ああっ女神さまっ」のベルダンディーも好きですね。
2007/02/06 21:27|アニメ(一般)TB:0CM:2

執念の滑り込みセーフ!

 あの超予約困難で、1次・2次生産ともすでに壊滅している涼宮ハルヒのフィギュア(Max Factory)→http://maxfactory.cms.drecom.jp/newproducts0702_01.htmlの予約を取ることについに成功しました!

 事の詳細はこうです。昨日、何気なくネットを眺めていたら、目についたのがこのハルヒのフィギュアのこと。その存在自体は前から知っていましたが、1次・2次ともほぼ壊滅状態だったことも知っていたので、「どうせ3次もダメだろ。こりゃオークションに頼るしかないな」と半ば諦めモード入ってました。

 しかし。
 ネットを巡回してみると、そこでのコメントには「3次予約ならまだわずかに空きがあるかも。ネットオークションで高額を出すよりも、ちょっと我慢すれば手に入るかも」とのこと。
 秋山は目の色を変えて、ネット中を徘徊し、探しました!
 大方の予想通り、大手の有名なネット通販ショップは全滅。そこで、たまたま見つけたところ→http://www.bit-craft.net/max_200701.htmで、運よくまだ受付をしていたようなので、とりあえず予約だけ入れてみました。ここではまだ予約受付をしているようなので、どうしても欲しい人はこちらを利用するとよいでしょう。

 ただ、届くのは6月以降ということなので、気長に待たないといけません。それに6月になったら、予約していたことを忘れていそうですが。
 ちなみに、製作側があまりの発注の多さにビビってしまい、さらに再販を行う計画らしく、来年の今頃にも販売されるとか。でも、さすがに1年も待つ気はないですね。

 話変わって、昨日の夜中、初めてアニメ「シャッフル! メモリーズ」http://shuffle-tv.com/special/(シャッフルオフィシャルサイト)を見ました。
 以前から話題になっていて気にはなっていたんですけど、すっかり見るの忘れていたら、昨日日曜日の夜中にやっていることを思い出したわけです。
 秋山が住んでいる地方は埼玉なので、テレビ埼玉が毎週日曜日の深夜に放送しています。
 で、見た感想。「よーわからん」。ま、それもそうですが。最初から見たことないので、全然ストーリーがわかりません。稟とかいう女みたいな名前の主人公が色んな女の子から好かれるという、一種ハーレムマンガ(ラブひなや藍より青し的な)ものかな、と思いました。
 で、問題はキャスト。
 キョンとキョン妹がラブラブの恋人同士!? っていう設定にちょっとビビりました。
 いや、稟役の杉田智和さんが秋山的にはどーしてもキョンにしか思えないし、同じくシア役のあおきさやかさんがどーしてもキョンの妹にしか思えない(笑)
 習性というのは恐ろしいものです。ハルヒを何度も見た影響ですね。
 さらに言うと、芙蓉楓はみくるにしか思えない! これも同じく声がみくると同じ後藤邑子さんですからね。
 声優なんで、ちょっとずつはしゃべり方や雰囲気で変えているのはわかるんですが、それでもやっぱハルヒのイメージが強すぎて、どうも兄妹恋愛にしか思えないというか、「稟くん」が「キョンくん」に聞こえるというか…(妄想?)

 でも、考えてみれば、こちらのシャッフルの方が2005年にすでにアニメ化になっていて、ハルヒの方が2006年なので、実はこっちの方が先輩なんですね。
 でも、やっぱキョンと、キョン妹と、みくるだよなあ、とか思ってしまうのは、秋山がどーしようもなくハルヒにハマったせいでしょう。
2007/02/05 19:55|フィギュアTB:0CM:2

情報を先取りして、先回り!

 ホントは昨日、ブログを書くつもりだったんですが、秋山の自宅PCに接続してある回線終端装置が壊れた(自分で落として壊した)ので、1日動かず、今日になってようやく復旧できました。

 まあ、それはともかく、昨日の話をすると。
 昨日、日曜日は関東地方、何だかすっげえ風が強くて、午後1時に起きた秋山は、それだけでもうどこにも行く気が失せて半ば家に引きこもっていました(笑)
 先週、次の日曜日にアキバへ行って、先週見逃したLaw15の森乃社長のイベントを見る! と宣言していましたが、実はあの後、密かに携帯で始めたミクシィ→http://mixi.jp/で知り合った女性の方が、たまたまLaw15で森乃社長の手伝いをしている!?というので、半信半疑で、土曜日に「明日は森乃社長はアキバに来ますか?」と聞いてみたところ、「明日は用事があるそうなので、来られません。来週、再来週には行かれると思います」という返事が返ってきました。
 それを信じて、とりあえず行かないことにしたら、結果的に後でブログなどで確認してもアキバに出動してはいないことが判明したので、当たっていたということですね。
 やはりこの超情報化社会。情報の速さは重要ですね!

 まあ、それはともかく、家で何をやっていたのかというと、クリアせずにたまっていたゲームをクリアしていました。
 18禁ゲームとしてそこそこ人気が出て、アニメにもなった「はぴねす」です。
 ゲームとしては面白いし、エロシーンの描写もまあまあなんですが、いかんせん話が長すぎてダルくなります。
 昨日でようやくメインヒロインのうち、2人をクリアしましたが、文章を読むだけでえらい時間がかかってしまい、もう3人目以降は読むのも面倒になってきました。
 いっそのこと、音声なしにしようかな、とか思ったり。でも、それじゃギャルゲー(エロゲー)やってる意味がない。

 とりあえず昨日までにクリアしたのは、メインヒロインの神坂春姫(これもハルヒと読む)と、準ヒロインの柊杏璃(アンリという名前)の2人。
 春姫役の榊原ゆいさんはともかく、杏璃役の成瀬未亜さんの声が超音波声で、設定で音量をでかくしていた秋山は、耳が痛くなりました。イヤホンをすると、さらに痛くなります。
 古い話ですが、かつて「ときめきメモリアル2」というゲームがあり(99年頃)、それに出てくる寿美幸役の高野直子さんという人の声も物凄い超音波声でしたが、今回のはそれ以上のデシベルを記録するんじゃないかという、まさに耳に痛い声でした。

 ちなみに、この両声優さん、エロゲーだけに出演しているかと思ったら、同じ名前で普通の声優業もこなしているんですね。その証拠に土曜日にアキバに行った時、榊原ゆいさんのCDが普通に売っていて、ちょっとビックリしました。
 エロゲーで散々卑猥な声を出しておきながら、普通に声優としての仕事もする、とはさすがにプロだな、と思いました。
 昔は同じ声優さんでも、エロゲーとギャルゲーでは名前を変えて出演していたらしいとか聞いたんですが最近は同じ名前でやる人も多いんですね。
 まあ、秋山はエロゲーなんて滅多にやらないし、詳しくないんですが。

 余談ですが、今頃ウィニングイレブンを暇つぶしにやっている秋山的にはアンリと言えば、フランス代表のあのティエリ・アンリ選手を真っ先に思い浮かべました。フランスではアンリという名前は割とポピュラーですからね。ただし、名前じゃなくて姓の方で使うんですが。
2007/02/05 19:29|ギャルゲーTB:2CM:0

ハルヒ団長の誘惑により…

 ホント、買うつもりはなかったんです!
 当初はみくるを買う予定だったんです! でも、実際に見たらハルヒ団長の誘惑に負けました…。

 っていきなり何のことかと言うと、今日朝から車でアキバに行って、結局買ってしまいました!! ハルヒ団長のブラックバニーバージョン(アトリエ彩)

haruhi-kurobani.jpg

(※写真のフィギュアの背景に写っているのは、去年の秋葉原エンタ祭りの時に買った福引についてきたポップです。)

 まあ、今更そんなこと言っても言い訳ですが、要するに衝動買いです。
 当初、アキバに行って、いくつかの店舗を回り、みくるバニー(アトリエ彩)やみくるウェイトレス(海洋堂)のフィギュアを見ていたんですが、どうも両方ともしっくり来ない。
 秋山的にこうビビッと来るものが感じられなかったんですね。でも、ハルヒブラックバニーバージョンがことごとく売り切れていて、どうしようか悩んでいました。アトリエ彩さんのハルヒフィギュアの出来があまりよくないと昨日散々言っていたのに、今日になって実際に見るとそうでもないかな、と思いなおし、やっぱ欲しいという気持ちがむくむくと沸きあがってきたんです。
 でも、どこに行っても売り切れ。かと言って限定製品のレッドバニーやホワイトバニーは原作と違うので、買う気になれない。
 悩みつつも、5、6店舗くらい回って、偶然見つけた中央通り沿いのコトブキヤ。通常、コトブキヤと言えばラジオ会館の方に行く人が多い中、中央通りに面した一角の細いビルの7階にひっそりとあったこのコトブキヤに何気なく入ってみると、ありましたよ、ハルヒブラックバニー!
 悩んだ末、店内を行ったりきたり、商品を手に取っては戻し、また手に取るという不審者のような行動を取った末、ついにレジに。
 実はハルヒフィギュアでギターつきなのは、このバニーだけなんで(アトリエ彩製のレッド、ホワイトも含む)買う価値はあると思うんですね。ちなみにギターは着脱可能で、マイクを持たせることもできるみたいです。

 しかも、これだけに留まらず、秋山が以前から目をつけていたTo Heart2のこのみフィギュア(いとうのいぢさんバージョン)も見つけて衝動買い。

konomi.jpg


 合計で約12000円の出費。アカン。これでもう給料日まで今月何も買えない。そこまで自分を追い込んでまで、フィギュアを買ってしまいました。
 ちなみに、このこのみフィギュア、正規のバージョンもあるんですが、探して見てもどこの店にもほとんど売っていません。人気があるので速攻で売り切れになったようで。唯一見つけた店舗にあったものも9000円以上という高額でした。

 それと、昨日のブログで紹介したハルヒ団長の通常バージョン(Max Factoryさんから得る予定)の一般販売が2月20日に行われるとか→http://www.akibablog.net/archives/2007/02/haruhi_maxfactory_070203.html
 予約は瞬殺されましたが、店頭販売もソフマップ本店などでやるようです。
 こりゃ、会社休むか、午後出勤にしてでも買いに走らないと、速攻でなくなるので、どうしようか、非常に悩んでいます。
 まあ、急がなくても2次、3次販売というのをやるそうですが。
 ああ、フィギュアの魔力って恐ろしい。まさか生活費をつぎ込むことになるとは…。
 しかもあと数日で水樹奈々さんのベストアルバムが発売されるそうで、とりあえずアニメイトで予約だけ入れてきました。初回版はすぐなくなりそうだから。
 今月の出費、かなり多くてピンチすぎる。来月は抑えよう! 毎月そう言ってて抑えられない秋山です。
2007/02/03 18:17|フィギュアTB:0CM:3

温度で色が変わるハルヒ様登場(予定)!

メタモフィギュア 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ (バニーVer.) メタモフィギュア 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ (バニーVer.)
(2007/05/25)
バンダイ
この商品の詳細を見る


 秋山、ついに初めてフィギュアを予約!しましたよ。amazonですが。
 実は今まで、「予約してまで別に欲しいわけじゃない」と思っていたのですが、ハルヒだけは違いました。
 この「温度によって色が変わる」というメタモフィギュアというのがハルヒバニーバージョンでバンダイから5月末に発売されます。
 今までも、同じようなハルヒバニーバージョンがアトリエ彩から出ていた→http://www.amazon.co.jp/%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92%E3%81%AE%E6%86%82%E9%AC%B1-%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%92-%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%ABVer-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%BCVer-6%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%ABPVC%E5%A1%97%E8%A3%85%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%AE%8C%E6%88%90%E5%93%81%EF%BC%89/dp/B000JKRXA6/sr=1-1/qid=1170421658/ref=sr_1_1/249-1032886-0044309?ie=UTF8&s=hobbies
 んですが、どうも見ていると顔の造りがしっくりこないし、ハルヒらしからぬ表情なので、あんまり乗り気じゃなく買っていませんでした。
 そうしたら、いつの間にかMax Factoryからこんな素晴らしいハルヒ制服バージョンが出ることになっており→http://maxfactory.cms.drecom.jp/newproducts0702_01.html
秋山が気づいて予約入れようと思った頃には、すでに完売(話によるとあまりにも出来がいいので、予約開始すぐに瞬殺だったそうで)になっていました。
 ならば、と思い探していると、見つけたのがこのバンダイのメタモフィギュア。
 表情も造りも悪くないし、秋山にとって、記念すべきハルヒフィギュア初所有品になるかもしれない作品に相応しいです。
 さすがに5月発売、つまり発売予定の3か月以上も前なので、まだまだ在庫があるようです。
 ちなみに、このメタモフィギュア、周囲の温度によってバニーの服の色が変わり、16度以下なら黒、30度以上なら白になるとか。でも、常識的に考えて室内に置くわけだから、室内30度以上ってどんな環境だよ!! とか思いますけどね。真夏でも室内30度もいかない気がしますが。
 あと、部分的に熱を放射して暖めても色が変わるらしいです。
 それにこの精巧なフィギュアで値段も3980円とお買い得! 表情もアニメの元気のいいハルヒに近いものがあり、なかなかの出来かと思います。

 ハルヒシリーズのフィギュアは主に海洋堂、バンダイ、アトリエ彩、Max Factoryなどから出てますが、アトリエ彩さんのハルヒフィギュアはあんまり評判よくないらしく、同じものでもハルヒよりみくるの方が出来がいいとか聞きました。
 本当はみくるフィギュアも欲しいと思っていたので、明日とりあえず実際にアキバに行って、物色してきます。
 じっくり見てから買うかどうか決めた方がいいので。ネットの画像だけじゃイマイチわかんないんですよね。余程気に入ったものじゃないと秋山はネットでは買わない主義なんです。

 ああ、それにしても、ついこの間までフィギュアのことなんか全然詳しくなかった一般ピープル(ちょっとウソ)だったのに、こんなにフィギュアについて語るようになっちゃ、オシマイだな…。
2007/02/02 22:20|フィギュアTB:0CM:0

冬の平日奥多摩癒し旅

 もう1週間も前のことになりますが、先週の金曜日、どーしても仕事に行きたくなくなり(稀にそういう日が来ます)、会社に「風邪引いて頭痛いんで休みます」と仮病を使って、ひっそり奥多摩にドライブに行ってきました。
 やはり人間どこかで息抜きが必要。後で振り返って仕事しかなかったなんて人生は秋山はイヤなので。

 東京の奥座敷と言われ、古くから自然が残り、首都圏在住の人でも気軽に行けるハイキングコース、奥多摩に久々に行きたい! と強く思っていたので。
 で、やっぱ平日の奥多摩、空いてましたよ。もうガラガラでした。ただでさえ冬で寒いので、雪がないとはいえライダーもこの時期は避ける傾向にあるのに、休日じゃなくて平日でしたから尚更。
 でも、奥多摩に辿り着くまでに結構時間がかかりました。
 何しろ埼玉から都内を抜けて西に進むのです。県道5号、通称青梅街道及び新青梅街道を経由し、途中から曲がって五日市街道経由で奥多摩の裏ルート、檜原街道から奥多摩入りを目指したんですが、県道は1車線が多く、しかも途中工事をやっていて、渋滞。
 行くだけで2~3時間はかかりました。

 実は奥多摩にはもう2、3回来たことがあるんですが、今までは全部表ルートの国道411号(青梅街道)から奥多摩に入り、日原鍾乳洞や林道の方に行ったんですが、今回は裏ルートとも言える、また眺めがいいルートとしても知られる奥多摩周遊道路経由で行ってみました。
 ルートとしては新青梅街道から左折、多摩都市モノレールに沿って南下し、五日市街道へ入り、国道16号を渡り、福生市・あきる野市と越えて檜原街道へ。
 この辺りから次第に山の中に分け入っていきます。
 今回は奥多摩周遊道路の途中にある日帰り温泉「数馬の湯」に行くのも主要な目的の一つでした。
 やはり日頃の疲れを温泉で癒したいと思ったので。
 山を分け入るように車を走らせていくと、やがて見えてきました数馬の湯。

kazuma.jpg


 規模としては小さい日帰り温泉で、中もこぢんまりしていますが、それでも温泉は温泉だ! と自分に強く言い聞かせました。露天風呂もありますし、何より平日だったので、空いていて丁度よかったです。
 ちなみにこの数馬の湯、かつては源氏の追及から逃れた平氏の落ち武者が住み着いた隠れ里だったらしいです。よくこんな山奥に人が住んでいたと感心しますが。しかも、今みたいに車もない時代に。

 ここで疲れを癒し、さらに奥地へ。
 当初雪があることを予想していて、あんまりヤバいようなら引き返そうと(夏タイヤを装着してましたので)思っていたんですが、どんどん上って標高1000メートルを越えても、せいぜい道路脇に少し雪が積もっている程度で、路面は湿っていても、全然夏タイヤで走れました。
 また、この辺りからは奥多摩周遊道路と呼ばれる観光ルートになります。かつては有料だったそうですが、今では完全に無料になっています。
 途中、都民の森を横目に見ながら走って行くと道の脇にいくつかの駐車場が見えてきます。
 その中でも特に有名で、一番の景勝地として名高いのが月夜見第1駐車場と呼ばれる駐車場で、ここからは眼下に奥多摩の雄大な山々や奥多摩湖が見下ろせます。
 しかも平日の昼だったので、全然人がいなくてガラガラ! この絶景を独り占めしたような気がして、ちょっと得をした気分でした。

okutama-park1.jpg


okutama-park2.jpg


 ただし、ここは夜間は通行禁止ですし、午前中の早い時間なら路面凍結の恐れもあるので、注意が必要。
 さすがにこの冬の平日にバイクで来るツワモノはいないだろう、と思っていたら、いましたよ、ライダーが! いくら革ジャン、皮手袋、ハンドルカバーつきという重装備とはいえ、風にさらされるバイクでよく標高1000メートルの山の上まで来たな、と逆に感心しました。
 そういう意味じゃ車なら全然ラク。

 この駐車場を越えると後は奥多摩湖に向かってひたすら下り道。上りとは違って、下りるのは速いです。
 あっという間に麓の奥多摩湖を臨むところまでたどり着きます。ここで有名な橋、三頭橋を見ます。

santokyo.jpg


 奥多摩を紹介する雑誌の記事やパンフレットによく出てくる有名な橋で、奥多摩周遊道路の出入口、つまり奥多摩の裏の入口に当たる場所にあります。
 ちなみにすぐ近くに深山橋という、これまた絵になるような綺麗な鉄橋がありますが、こちらは駐車場が近くになかったので、写真には収めてきませんでした。
 後は定番の国道411号(青梅街道)を通り、真っ直ぐ帰宅ルートに着きました。
 半日あまりの短いドライブルートでしたが、久々の温泉を味わい、リフレッシュできました。
 ただ、都内を通過するため、やはり渋滞に巻き込まれ、片道だけで2~3時間はかかりました。
 奥多摩に行く時は時間的余裕を持った方がいいでしょうね。何しろ渋滞するので、時間を読めない。平日ですらこうですから、休日なら尚更ですね。
2007/02/01 23:46|ギャルゲーTB:0CM:0

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。