●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

椎名高志エスパーワールドにようこそ

絶対可憐チルドレン 1 (1) 絶対可憐チルドレン 1 (1)
椎名 高志 (2005/10/18)
小学館
この商品の詳細を見る


 今日は久々にマンガネタで行きます。
 皆さんは「絶対可憐チルドレン」というマンガ、ご存知ですか?
 ギャグマンガ、そしてSFや妖怪ものを得意とする椎名高志という漫画家のマンガです。
 2005年あたりから連載され、現在7巻まで出ているんですが、恥ずかしながら秋山は全然知りませんでした。
 で、昨日たまたま仕事帰りに池袋の「ジュンク堂書店」に行ってこのマンガを発見。
 早速ネットで調べてみると、なかなか面白そうだし、これを買った人のレビューでも5点中、4.5点以上を獲得していたので、興味を惹かれました。
(絶対可憐チルドレンの詳細はこちら)→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E5%8F%AF%E6%86%90%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%B3

 秋山、普段はのんびり屋で、せかせかしたことや忙しいのは苦手なんですが、自分の好きなことに対しては、異常なほどに反応が速く、行動力が出ます
 元々、高校生か大学生くらいの頃に読んだ、同じく椎名高志のGS(ゴーストスイーパー)美神が大好きだったので、この絶対可憐チルドレンもエスパーという、この作者の得意ジャンルだったので、早速今日仕事が終わってから、家の近くのブックオフに駆け込んで、1~5巻までを購入しました。
 しかも、普段ブックオフでよくCDやマンガを売っているため、サービス券が1500円分くらいあり、ぜーんぶタダでした。ラッキー!

 さて、この「絶対可憐チルドレン」。
 どういう話かというと。
 舞台は現代の日本なんですが、超能力者(エスパー)が社会進出をしているというちょっと変わった世界。
 その中でもレベル7にランクされる超天才的エスパーの10歳の少女3人が政府の特務機関に所属して、難事件を解決していくというもの。
 主人公はこの3人のエスパーを育成する現場主任という立場。
 が、この設定をうまく生かしているのが、さすがは椎名ワールド。
 人より特殊な能力を持ち、周囲から恐れられて、甘やかされて育った3人の少女は、いずれもとんでもないワガママ娘。
 1人は念動能力者(サイコキノ)の明石薫。やんちゃでケンカっぱやくて問題児。
 1人は瞬間移動能力者(テレポーター)の野上葵。京都弁を話すが、金に敏感。
 1人は接触感応能力者(サイコメトラー)の三宮紫穂。一見すると一番大人だが、すぐに人の心を読むので、ある意味一番厄介。
 と、こんな問題児を抱えつつも、彼女たちの超能力のお陰で、様々な難事件が解決できるので、主任の皆本光一は苦労をする、という話。

 まだ1巻しか読んでないんですが、面白い!
 実はこの椎名高志、以前に「ミスタージパング」という戦国モノマンガを書いていたんですが、どーもそれは「イマイチ」な感じがしていた秋山。
 やはりこの人の持ち味は、この「絶対可憐チルドレン」や「GS美神」のようなSFもの、幽霊ものだと思うのです。
 登場人物の名前がほとんど源氏物語に由来していたり、ある意味王道で、主人公と3人の部下ってところが、昔のバビル2世っぽい(内務省特務機関 超能力支援研究所の略称バベルはもしかしてこれに由来?)とか、ある意味、王道を得意としている作者なんです。でも、奇抜なものもそうですが、この王道を面白く見せる技術ってのは結構難しいものです。
 そういう意味でも、椎名高志はストーリーテラーだと思いますし、秋山も好きなんです。
 はっきり言って、昨今やたらと出ている萌え要素はあまりありません。
 まあ、ヒロインたちが10歳の少女ってのもありますが、この作者の持ち味は、やはり昔ながらの「面白くて笑わせる」ところにあるかな、と。

 今日は水曜日だったので、朝サンデーを買って、昼休みにこのマンガを見ていました。
 確かに面白くてオススメです。
 それに実は秋山はUFOモノや妖怪モノや超能力モノって大好きで、テレビで特番やってると食い入るように見るほど。
 だから、そういうものが好きな人は、読んでいて楽しめると思いますよ。
 まだまだ連載中で、今後コミックスも出るので、たのしみー。
 
スポンサーサイト
2007/01/24 22:36|マンガTB:1CM:2

コメント
椎名高志氏のマンガ(笑)
GS美神極楽大作戦、よくTVで見てましたねぇ~椎名高志さんの描く世界観はとても面白くてハマるものでした。
最近少年マンガを読む暇は減りましたが、サンデーを見るときは必ずこのマンガに目が行きます。彼に限らず少年サンデーにはカリスマ的なマンガ家さんが多く安心して見ていられるものが多いですが。

やはり椎名さんの描くマンガには「魂」がこもっているんじゃないかと思います。それも作者の魂と一致していて、何より見ていて楽しい作品を作ろうとしているのが一目で分かりますんで…少なくとも名探偵コナンほど物騒ではないですし。
絶叫可憐チルドレンにしろGS美神極楽大作戦にしろ、キャラクターの個性が強いから特殊能力と組み合わせると鬼に金棒じゃないですかねぇ(笑)
ヒラタツ #WQEd0mKQ|2007/10/13(土) 06:08 [ 編集 ]


GS美神、面白かったですよね~。 椎名高志先生のマンガには学生時代、お世話になりました。
GS美神だと、お絹ちゃんが好きでした。あとマリアも。
少年サンデーは実は結構見てたりします。コナンはあんまり好きじゃないので、見てませんが、今だとハヤテのごとく! とか見てますよ。
椎名先生のマンガは、キャラがうまく立ってるんです。だからこそ読んでて引き込まれるというか。
これからもがんばってほしいマンガ家です。
秋山如雪 #3fIBvpkA|2007/10/14(日) 02:32 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

バビル2世『バビル2世』(バビルにせい)は、横山光輝作の漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL
このマンガが読みたい! 2007/07/29(日) 11:19

トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/140-9358505a

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。