●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

冬の平日奥多摩癒し旅

 もう1週間も前のことになりますが、先週の金曜日、どーしても仕事に行きたくなくなり(稀にそういう日が来ます)、会社に「風邪引いて頭痛いんで休みます」と仮病を使って、ひっそり奥多摩にドライブに行ってきました。
 やはり人間どこかで息抜きが必要。後で振り返って仕事しかなかったなんて人生は秋山はイヤなので。

 東京の奥座敷と言われ、古くから自然が残り、首都圏在住の人でも気軽に行けるハイキングコース、奥多摩に久々に行きたい! と強く思っていたので。
 で、やっぱ平日の奥多摩、空いてましたよ。もうガラガラでした。ただでさえ冬で寒いので、雪がないとはいえライダーもこの時期は避ける傾向にあるのに、休日じゃなくて平日でしたから尚更。
 でも、奥多摩に辿り着くまでに結構時間がかかりました。
 何しろ埼玉から都内を抜けて西に進むのです。県道5号、通称青梅街道及び新青梅街道を経由し、途中から曲がって五日市街道経由で奥多摩の裏ルート、檜原街道から奥多摩入りを目指したんですが、県道は1車線が多く、しかも途中工事をやっていて、渋滞。
 行くだけで2~3時間はかかりました。

 実は奥多摩にはもう2、3回来たことがあるんですが、今までは全部表ルートの国道411号(青梅街道)から奥多摩に入り、日原鍾乳洞や林道の方に行ったんですが、今回は裏ルートとも言える、また眺めがいいルートとしても知られる奥多摩周遊道路経由で行ってみました。
 ルートとしては新青梅街道から左折、多摩都市モノレールに沿って南下し、五日市街道へ入り、国道16号を渡り、福生市・あきる野市と越えて檜原街道へ。
 この辺りから次第に山の中に分け入っていきます。
 今回は奥多摩周遊道路の途中にある日帰り温泉「数馬の湯」に行くのも主要な目的の一つでした。
 やはり日頃の疲れを温泉で癒したいと思ったので。
 山を分け入るように車を走らせていくと、やがて見えてきました数馬の湯。

kazuma.jpg


 規模としては小さい日帰り温泉で、中もこぢんまりしていますが、それでも温泉は温泉だ! と自分に強く言い聞かせました。露天風呂もありますし、何より平日だったので、空いていて丁度よかったです。
 ちなみにこの数馬の湯、かつては源氏の追及から逃れた平氏の落ち武者が住み着いた隠れ里だったらしいです。よくこんな山奥に人が住んでいたと感心しますが。しかも、今みたいに車もない時代に。

 ここで疲れを癒し、さらに奥地へ。
 当初雪があることを予想していて、あんまりヤバいようなら引き返そうと(夏タイヤを装着してましたので)思っていたんですが、どんどん上って標高1000メートルを越えても、せいぜい道路脇に少し雪が積もっている程度で、路面は湿っていても、全然夏タイヤで走れました。
 また、この辺りからは奥多摩周遊道路と呼ばれる観光ルートになります。かつては有料だったそうですが、今では完全に無料になっています。
 途中、都民の森を横目に見ながら走って行くと道の脇にいくつかの駐車場が見えてきます。
 その中でも特に有名で、一番の景勝地として名高いのが月夜見第1駐車場と呼ばれる駐車場で、ここからは眼下に奥多摩の雄大な山々や奥多摩湖が見下ろせます。
 しかも平日の昼だったので、全然人がいなくてガラガラ! この絶景を独り占めしたような気がして、ちょっと得をした気分でした。

okutama-park1.jpg


okutama-park2.jpg


 ただし、ここは夜間は通行禁止ですし、午前中の早い時間なら路面凍結の恐れもあるので、注意が必要。
 さすがにこの冬の平日にバイクで来るツワモノはいないだろう、と思っていたら、いましたよ、ライダーが! いくら革ジャン、皮手袋、ハンドルカバーつきという重装備とはいえ、風にさらされるバイクでよく標高1000メートルの山の上まで来たな、と逆に感心しました。
 そういう意味じゃ車なら全然ラク。

 この駐車場を越えると後は奥多摩湖に向かってひたすら下り道。上りとは違って、下りるのは速いです。
 あっという間に麓の奥多摩湖を臨むところまでたどり着きます。ここで有名な橋、三頭橋を見ます。

santokyo.jpg


 奥多摩を紹介する雑誌の記事やパンフレットによく出てくる有名な橋で、奥多摩周遊道路の出入口、つまり奥多摩の裏の入口に当たる場所にあります。
 ちなみにすぐ近くに深山橋という、これまた絵になるような綺麗な鉄橋がありますが、こちらは駐車場が近くになかったので、写真には収めてきませんでした。
 後は定番の国道411号(青梅街道)を通り、真っ直ぐ帰宅ルートに着きました。
 半日あまりの短いドライブルートでしたが、久々の温泉を味わい、リフレッシュできました。
 ただ、都内を通過するため、やはり渋滞に巻き込まれ、片道だけで2~3時間はかかりました。
 奥多摩に行く時は時間的余裕を持った方がいいでしょうね。何しろ渋滞するので、時間を読めない。平日ですらこうですから、休日なら尚更ですね。
スポンサーサイト
2007/02/01 23:46|ギャルゲーTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/150-af659e6a

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。