●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

今年のプロ野球大胆予想(パ・リーグ編)

 今日から3連休というのが世間一般での常識でしょう。
 しかし、今日は秋山にとって平日と何ら変わらない1日でした。そう、土曜日でも出勤でした。
 でも、私服で仕事をするので、どうも土曜日は気分が乗らない。で、またまた野球のことを考えていました。
 広島の前田ってやっぱ天才だな、とか中村ノリはもうダメだな、とか取りとめもなく。

 さて、昨日に続き、今日はパリーグの予想を。
 例によって、秋山の個人的な予想なので、批判やブーイングはご容赦を。
 去年は北海道日本ハムの圧倒的優勝で、北海道はフィーバーに包まれましたが、今年はどうなるか。

 本命はソフトバンクです。これはもう大本命です。総合力ではダントツで強いです。
 去年、一昨年とプレーオフでいずれも西武、日本ハムに僅差で敗れて悔しい思いをしてきたソフトバンクですが、今年は一味違います。上手く開幕連勝を飾れればそのまま独走する恐れすらあると思います。
 まず投手力。元々先発陣は斉藤、和田、新垣、杉内と鉄壁なのに比べ、中継ぎや抑えはイマイチな感がありましたが、今年は中継ぎに若手の柳瀬、台湾の陽、新外国人のニコースキーと駒が揃っていますし、抑えの馬原も安定しています。
 それに加え、打撃陣。ズレータがロッテに移りましたが、何と言っても大きいのが小久保の復帰多村の加入
 小久保と松中、それに多村でホームランを量産し、成長した川や芝原がきっちり安打を打てる。
 これだけの陣容ですから、正直どこにも隙が見当たらないほど。かつてないほど戦力は充実していると言っていいでしょう。
 隙があるとすれば、絶対的捕手の不足と、控え選手の層の薄さくらいですね。

 続いて対抗は西武
 西武と聞いて意外に思われる人が多いと思います。エース松坂のメジャー行きで、一気に戦力ダウンしたと思うのが普通です。
 しかし、西武には王者としてのプライドと底力、それに若手の成長があるので、秋山的には期待はできると思っています。
 投手陣では、松坂に代わる新エースとして、去年活躍して有名になった涌井がいますし、西口や帆足、それに新加入のジョンソンにも期待できます。
 それに何と言ってもルーキーの岸と山本(淳)が素晴らしい出来らしいです。
 伊東監督曰く。「岸はかつて日本ハムで活躍した西崎に似ているし、山本は渡辺久信に似ている」らしいです。
 開幕ローテ入りもありえるくらいの大物ルーキーです。
 打っても今年も健在のカブレラに、和田、そして今季は絶好調との評判が高い中島がいます。これに「おかわりくん」こと中村が復活すれば恐い打線の完成です。
 また西武は機動力のあるチームで、片岡、石井、赤田、福地をはじめ塁に出ればどこからでも走れる機動力を持っています。

 穴はロッテ。2005年に優勝した時の監督、ボビー・バレンタインはまだまだ健在ですし、期待のルーキー、松本や荻野がいますし、打っても移籍してきたズレータにベニー、福浦のクリーンアップが強力で、さらに今年から登録名を変えたTSUYOSHI(西岡)が調子いいようですし、オフで徹底的に強化していた今江も復活すれば恐い。
 投打の歯車がうまくかみ合えば、一気に優勝を狙えるチームです。

 去年優勝の日本ハムは、やはり新庄、小笠原という主軸の2人の離脱が痛いです。これは戦力面ももちろんですが、精神面で大きいと思います。
 チームの核である選手が2人も抜けた穴を補うのは、森本や稲葉、セギノール、それに新加入のグリーンくらい。出て行って戻ってきた坪井が驚異的な復活を遂げれば、希望も見えてきますが、打撃陣は正直キツイかな、と。
 反面、投手力の方は期待はできます。ダルビッシュに武田、金村が健在で、抑えにもマイケルがいますし、ルーキーの宮本、糸数あたりが結構期待できそうです。
 が、やはり打力に難があるのは否めません。

 オリックスは監督がコリンズになったとはいえ、去年とさほど変わらない陣容。清原が健在というのは大きい要素ですが、移籍したラロッカの怪我が直らなければ絶望的かも。投手陣では2年目のジンクスに挑む平野や去年中継ぎで活躍した菊池原がいい成績を残せそうですが、やはり絶対的エースが不在(川越ではちょっと不安)が大きな不安要素。

 楽天は、勝敗に関係なく注目すべきなのが、去年甲子園を沸かせたあのゴールデンルーキー、田中将大でしょう。
 野村監督も絶賛で、開幕ローテもありうるくらいの期待と信頼を寄せているらしいです。
 それに去年は怪我で活躍できなかった岩隈が復活すれば、一場と3人で勝ち星を積むことはできるかもしれません。
 が、問題は打撃力。
 現段階ではフェルナンデスと山崎に頼るしかないクリーンアップと小粒な若手が中心で、去年のデータを見ても走者が出ても残塁になって得点に結びつかないケースが多い。
 長打が出ない以上、コツコツつなげる野球をやらなければ楽天は今年も厳しいでしょう。

 と、大体こんな感じでしょうかね。
 個人的には、去年の斉藤和巳がプレーオフで流した涙が印象的だったので、今年はソフトバンクにがんばってもらいたいかな、と。
 もちろん、一応、今は地元の西武ライオンズも応援はしているんですけどね。
スポンサーサイト
2007/02/10 21:11|ギャルゲーTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/159-5494e247

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。