●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

To Heart2再熱!

To Heart2~colorful note 1 (1) To Heart2~colorful note 1 (1)
きたうみ つな (2005/10/27)
スクウェア・エニックス
この商品の詳細を見る


 先日、仕事帰りにアキバに行くと、アソビットシティの裏階段(ここは上りはエスカレーター、下りは階段のみ)にTo Heart2のポスターがでかでかと貼ってありました。
 急いで撮ったので、写真写りは悪いですが。


toheart2-ova.jpg



 今月末に発売されるTo Heart2のOVAの宣伝広告です。アキバではこうした過剰なまでの派手派手ポスターが多く見られますが、このアソビットシティの裏階段は特に凄いです。
 これでもかっ!ってくらいに宣伝してましたwww。よくも悪くもアキバらしくて、秋山はこういうの好きですけど。
 ちなみに新OVAシリーズの公式サイトはこちら→http://www.aquaplus.co.jp/th2v/index.html
 今回は新キャラも登場しますが、このみよりもタマ姉中心の話みたいです。

 今更って気もしますが、最近To Heart2が密かなブームです。(秋山が勝手に思ってるだけ?)
 店にはアニメDVDやマンガが置いてあり、ホビーショップの店頭にもフィギュアが並び、さらに先日のバレンタインでは、コトブキヤラジオ会館前で、店員が愛佳のコスプレして、チョコ配ってました。
 PC版発売からもう2、3年。PS2版発売からもう2年以上経つんですけどね。やはり名作です。個人的には1より2の方が好きです。


 うーむ。素晴らしい。ビバ、To Heart2!
 何を隠そう、最近やったギャルゲーの中では、このTo Heart2が一番好きな秋山、結局マンガを買ってしまいました。
 それが今回紹介するもの。現在3巻まで出ています。作者は「きたうみつな」という人。
 このマンガ、結構ゲームに沿った内容で、尚且つ絵がゲームに近いので、ファンでもしっくり来ると思います。

 今回はこのマンガとゲーム(PS2版)との比較をキャラクターを中心にしてやってみようと思います。意外と相違点があったりします。
※ネタバレです。まだTo Heart2をやったことない人は見ない方がいいかもです。
 では早速。

konomi.png

 このみはメインヒロインなので、マンガでもゲーム同様に立ち位置はほぼ確定で、このみ中心になることは間違いなく、マンガの貴明も結局最後にはこのみと結ばれるであろう事は容易に想像できます。


tamaki.png

 ゲームだと春休みが始まる直前、中盤くらいになってようやく登場したタマ姉ですが、マンガだとかなり初期の段階から登場します。彼女もゲームとあまり変わりません(得意のアイアンクローが雄二に炸裂っていうのもあります)が、ゲームじゃ描かれなかった貴明、このみ、雄二と4人で過ごすシーンが結構多用されています。


manaka.png

 愛佳いいんちょも、基本的にはゲームと同じ。あの小動物的な動きで活躍してくれています。彼女は3巻の段階ではまだまだメインの話が描かれていないので、これから先を見ないと何とも言えませんが、割とゲームに近いです。迷セリフの「次の授業は教室!」「宿題は来週まで!」「そんなの知るかーっ!!」ってのもありますwww妹の郁乃も登場します。


yuma.png

 由真もゲームとほぼ同じですが、一部脚色されているようで、確かゲームだと釣り勝負や、公園の池で一緒にボートに乗るシーンはなかったような気がします(記憶が曖昧。ゲームにあったらすいません)。例の「ダニエルになるー」(エコーつき)もあります。もちろん決めゼリフの「これで勝ったと思うなよーっ!」はあります。マンガとは全く関係ないんですが、ゲームでこの由真の声をやった声優さんは生天目(なばため)仁美さんという方ですが、彼女について面白いことがわかりました。「なばため」という特徴的な姓は、彼女によると、「先祖が武田勝頼の家臣で、天目山で主君が死んだ後、佐渡に逃れて、主は生きている、つまり『天目山で生きている』と信じて姓にした」とかで、何ともすごい由来のある姓です。以上、余談でした。


karin.png

 今回、一番脚色されてるのが花梨です。ゲームだと貴明を熱心にミステリ研に勧誘して、騙してしまいますが、マンガだとその経緯は省略され、いきなり体育館に呼び出されます。また、「ベントラー、ベントラー」っていうUFO呼び出しイベントも、ゲームのように1対1ではなく、このみやタマ姉、雄二の協力を元に行うというものになっています。さらに、るーことのナスカの地上絵事件が、貴明勧誘への伏線になっているっていう設定もゲームとは違います。


ruko.png

 るーこも結構脚色されています。ゲームでは割と孤独で、1対1イベントが多かったんですが、マンガではこのみやタマ姉、雄二と貴明を含めた5人で食事を取ったり、密かに宇宙人らしき人物と接触したり、UFOを呼び出し(花梨イベントにつながる)たりしています。



sango.png

ruri.png

 この双子の姉妹が一番ゲームのストーリーに沿っているかもしれません。クマ吉(みっちゃん)イベントから、イルファイベントまで、ほぼ同じです。


kusakabe.png

 PS2版限定の隠れキャラってこともあってか、まだ登場していませんね。何かこのままマンガだと登場しない気がします。

 ってなわけで、読んでいると、結構ゲームを思い出して、楽しい気分になります。
 アニメDVDは値段が高いし、後でYou Tubeで見ればいいや、と思っています。
 ちなみに、秋山が一番好きなのは、


愛佳いいんちょ★



 です。マンガじゃまだ図書室のイベントが描かれていませんが、彼女とのイベントは一番楽しませてくれました。
 他にもタマ姉、花梨、由真、るーこも好きです。つーかそうなるとほとんど全員かwww
 実際、個性的で、魅力的なキャラクターが多いのが、このゲームの特徴で、いいところです。
 まだゲームをやっていないって人は、是非やりましょう! やらなきゃ損!
 やると、ほんのちょっとだけ、心がぽかぽかと暖かい気分になります。
 荒んだ現代社会にとっての、オアシスです、これはwww。
スポンサーサイト
2007/02/15 21:25|ギャルゲーTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/166-c4609b5f

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。