●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

懐かしのゲーム その5 ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…

 また、久々にこのネタで。
 今まで紹介したものに比べると時代が一気にさかのぼりますw
しかもこれをリアルタイムでプレイしていたことから、秋山の年齢がバレバレです。


ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…



 発売は確か1988年頃だったかな。
 当時、小学生だった秋山は、ハマしましたとも、これには!
 発売当初から大人気で、友人宅で友人がやっているのを見て、「面白そう!」と思って、購入しました。

 ドラクエシリーズの中では、今でも1番好きなのがこの3です。
 また、ドラクエシリーズ初期のロト伝説の原点ともいうべき作品で、勇者ロトはこの3の主人公ということになります。

 このゲームは、何と言ってもシナリオ、ゲーム性、システム、環境、音楽、どれを取っても素晴らしいものでした。

 まずはシナリオ。
 ゲームを左右するストーリーは、主人公がアリアハンに住んでいて、行方不明となった父、オルテガを追って16歳の誕生日に旅立つというところから始まります。この何気ないきっかけがすごくいいんです。最終的に主人公は父を越えるんですが、これは男がいずれは父を越えなければならない、という普遍的なテーマにも共通するから。
 ま、小学生の自分がそんなことを考えていたわけじゃないんですがw

 次にゲームのシステム。
 ドラクエシリーズでは初めて、近作からパーティーを自由に組めるようになったのが一番の魅力。そして、その選んだパーティーのメンバーを自由に転職させられるのも魅力。
 2まではなかった僧侶、魔法使い、武道家、戦士、商人、遊び人など多彩なメンバーを、あの有名なw「ルイーダの酒場」から選択でき、男女も名前を選べるというもの。

 そして世界観。
 実は3の世界地図は、現実の世界地図に似通っていて、これが非常に面白かった。日本はジパングになっているし、アメリカにはインディアンが住むスーの村、ヨーロッパにはローマの位置にロマリア、アフリカにはエジプトのイシス(エジプト神話の女王の名前)などなど。
 まあ、アリアハンは架空の大陸ですが。
 あと、後に行ける裏世界、アレフガルドが1とつながっていて、3をやった後に1をやるとそのつながりが見えてくるというのもよかった。

 音楽。
 これも素晴らしく、特にフィールドを歩く時の高揚感溢れるあの音楽。サントラを買って何度も聴きました。
 他にも不死鳥ラーミアの音楽や、アレフガルドの音楽、そしてエンディングのBGMが素晴らしい!

 このゲームは幼い頃の自分に、「冒険とは何か?」「RPGの面白さとは何か?」を教えてくれた貴重な作品。
 あまりにも面白くて通算で5、6回はクリアーしています。

 このドラクエⅢを遊ばなかったら、人生損していたと言えるくらいの作品で、後に秋山がRPG好きになったのも元はと言えばこのゲームの影響です。

 ちなみに、後にスーパーファミコン版でリメイクされましたが、こっちもパワーアップして、かつ原作の雰囲気を崩さず、よい内容でした。

 ってことで、ドラクエシリーズではイチオシです。
 最近のⅧもかなりよかったけどね。
スポンサーサイト
2007/04/18 23:37|ゲーム(一般)TB:0CM:2

コメント

僕もドラクエでは3が一番好きです!
記憶にあるだけで4回はクリアしてます。スーファミ版ですけど。
無駄にレベル99とかにするんですけど
80あたりからパラメータが上がらなくなって
切なくなってくるんですよねw
あと遊び人レベル99とか、遊び人×3とか
遊び人にはホントに遊ばせてもらいました(笑)
そして「ざんねんながらあなたのぼうけんのしょはきえてしまいました」という世の無常を教えてくれたのもドラクエ3でした・゚・(つД`)・゚・
ショウ #kSJevT0g|2007/04/19(木) 03:26 [ 編集 ]


自分としては、武闘家と賢者が好きでした。パーティーには必ず入れてました。逆に魔法使いは成長するまでHPが低くて、よく死にましたがw
商人もなにげに好きでした(なぜか女で)
ファミコン版は特によくデータが飛びました。電源つけた途端に、あの呪われた音楽が流れた時など切なくなりましたよ、ホント。
あと南米あたりにいる女海賊が好きだったなあ。
秋山如雪 #cdb7H0bk|2007/04/19(木) 21:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/218-1fa3b2c8

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。