●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

世界の支配者、ハルヒ閣下!

涼宮ハルヒの退屈 涼宮ハルヒの退屈
谷川 流 (2003/12)
角川書店
この商品の詳細を見る


 さて、本日もハルヒ閣下の小説のススメです。
 2巻に続く3巻は


「涼宮ハルヒの退屈」



というタイトルです。
 このタイトル、実はよくできているというか、涼宮ハルヒをよく表現している言葉で、作中、彼女は退屈になることを何よりも嫌い、何か面白いことを探そうとします。
 そして、退屈な状態が一定期間続くと、彼女のストレスが青い化け物の形となって現れ、閉鎖空間を作り出すという構造。
 つまり、ハルヒが退屈にならないように、SOS団は苦心し、また巻き込まれるわけです。
 今作は、シリーズ初の「短編集」です。
 まずは、ハルヒ中心にいきなり草野球をやってしまう「涼宮ハルヒの退屈」。まあ、タイトル通りです。インチキ草野球をやってしまうわけですが、ここでも助っ人として、鶴屋さんや妹が登場します。
 続いて、後にハルヒを語る上での重要なキーワードとなる七夕を扱った「笹の葉ラプソディ」、初期にハルヒの餌食になった(笑)コンピューター研究会部長が行方不明になる「ミステリック・サイン」、そして絶海の孤島で起きた殺人事件を扱う本格ミステリー、「孤島症候群」と非常にバラエティーに富んでいて、それぞれに特色があります。

 なので、見ていて飽きないし、結構ぐいぐい引き込まれるストーリー展開です。
 ちなみに、この短編集もほとんどがアニメ化されていて、「笹の葉ラプソディ」以外は全てアニメ映像化されていて、いずれも秀逸な出来です。
 ハルヒ閣下が中心の世界がまたまた展開されていて、見ている人を飽きさせません。
 さあ、あなたも一緒にハルヒ閣下とゴー!

 そうそう。よく言われてますが、ハルヒは今流行りの「ツンデレ」だと言われています。
 しかし、秋山個人の意見ですが、ハルヒは完全なツンデレキャラとはちょっと違うと思います。
 なんというか、ハルヒの場合は、確かにツンデレな部分があるにはあるけど、大抵いつも「ツン」な部分が多くて、明らかな「デレ」の部分があまりというか、ほとんどないように思えるのです。
 「デレ」というより、ただ単に機嫌が悪いのが、機嫌がよくなって、明るくなるのはありますが。
 「ツンデレ」の代表格と言えば、秋山の知る限りでは、マンガ「涼風」のヒロイン、朝日奈涼風なんかがそれに一番当てはまると思います。
 が、ハルヒはこの朝日奈涼風とはやはり雰囲気が違う。
 その辺、ハルヒ独特の雰囲気があって、他の追随を許さないというか、「ハルヒのハルヒたる所以」かな、とも思います。
 何せ、古泉に「神」だの「世界の創造主」だの言われてますから、まさに世界の支配者、ハルヒ閣下はどんな型にもはまらないんだと思います。
スポンサーサイト
2006/10/14 20:17|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/24-4443a64f

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。