●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

兵庫県立西宮北高等学校がモデルらしい…

涼宮ハルヒの動揺 涼宮ハルヒの動揺
谷川 流 (2005/03/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


 このブログでは、久々のハルヒネタです。
 某ブログを見ていたら、「涼宮ハルヒの憂鬱」の舞台、県立北高校のモデルが、兵庫県立西宮北高等学校らしいということがわかった。
 作者の谷川流は関西出身だし、今も兵庫県に在住しているようだ。その関係もあって、物語の舞台には、尼崎の商店街や近鉄の駅も登場している。
 まあ、関東在住の秋山には、全くもって馴染みのない土地だし、そもそも兵庫県自体一度も行ったことがない(京都、大阪ならかろうじてあるくらい)。

 ま、それはいい。
 今回は小説の原作「涼宮ハルヒの動揺」を紹介する。
 いつもよりタイトルに入るイメージ画がでかいのは、秋山がこの「動揺」の表紙がすごく気に入っているから。あかんべーをしているハルヒが面白い。
 今回はまたも、短編集的な造りになっています。
 まずは、テレビアニメ放映時にも収録された「ライブアライブ」。文化祭を舞台にしたショートストーリーだが、ハルヒの暴走っぷりがはじけている話で、短いながらも個人的にはアグレッシブなハルヒが結構好きです。
 確かアニメだと声優、平野綾が実際に歌を披露していたと思います(まだ未確認)。確かそのCDも発売されてたはず。秋山は聴いてみましたが、すごくいい曲です。平野綾って、意外と(あ、失礼)ああいうロック系の歌が似合っているのかも。
 続いて「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」。これはもうみくるファンのためにあるようなストーリー(笑)で、DVD0巻はそのままこのストーリーを映像化している。
 以前、ここで紹介したショートストーリー「Episode00」はあくまでも撮影側、つまり超監督ハルヒ側から見た作品製作過程のようなものだったが、今作は完全に映画を追っていくような感じで、展開し、ハルヒはほとんど出てこない。まあ、これはDVDで是非あのふやけた感じの映像を見た方が面白いでしょう。
 続いて「ヒトメボレLOVER」。秋山的に、これが一番好きでした。
 秋山は長門有希が割と好きなので、彼女が中心のストーリーなこの話はツボに入りました。
 無口で、無愛想で、何考えてるかわからない謎の宇宙人、長門有希がある日、キョンの同級生から熱烈な告白を受けて…というなかなか面白い展開。最後はちょっと哀れな感じがしますが、普段見られない長門有希の表情を垣間見れる短編です。
 「猫はどこに行った?」 三毛猫のシャミセン、それにハルヒと鶴屋さん、古泉が中心のちょっとしたショートミステリー解決作品。冬合宿の余興として、殺人事件を演出し、犯人は…。という奴で、秋山が割と苦手にしている、いわゆる推理物です。秋山は推理物って、いっつも解けないんだよね、馬鹿だから。頭に?マークが一杯ついてしまう。
 「朝比奈みくるの憂鬱」。今度は逆に朝比奈みくるファンには嬉しいストーリー。ただ、朝比奈さんは終始憂鬱な表情のまま。これは次巻以降のストーリーの伏線にもなっているようです。

 と、まあこんな感じで6巻目は終わりました。
 いやあ、ようやくここまで読み進めましたよ。
 もう気づいた方がいると思いますが、この小説レビューをちょっとずつ更新しているのは、秋山が通勤途中に毎日この小説を少しずつ読み進めているから。しかも、通勤時間は長いくせに、いつも寝ていたりするので、なかなか進まない。
 んで、結局前回から大分時間が空いてしまいましたね。
 いやあ、電車は立ってることが多くて、つり革に捕まりながらも、何とか本を読んでいるんですが、バスの中だと始発駅から乗るので、座席に座って、ついつい寝てしまうのです。バスのあの揺れって、寝るには丁度いいから。お陰で何度降りそこないそうになったことか…。

 ま、ハルヒ小説のレビューもあと2巻で終わりです。がんばります。
 そして、明日はエリザベス女王杯。さ、今から予想だ、予想! 食費がかかっている!(うーん、ダメ人間道まっしぐら!)
スポンサーサイト
2006/11/11 22:11|涼宮ハルヒの憂鬱TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/54-2f4a6e78

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。