●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

退廃ムード満載のタイランド

ブラック・ラグーン 3 (3) ブラック・ラグーン 3 (3)
広江 礼威 (2004/04/19)
小学館
この商品の詳細を見る


 昨日のブラック・ラグーンネタの続きです。
 ロベルタが人気出そうと言いましたが、実は現在ブラック・ラグーンのホームページでその名もずばり「ロベルタ祭り」(詳細こちら)が開催中です。
 これはDVD5巻及び原作コミックス6巻を購入すると、マンガについてくる応募券をDVDについてくる専用ハガキに貼って、送ると豪華商品が当たるというもの。
 秋山も早速応募。まあ、結果は期待してませんが、来年の2月にはわかるみたい。

 と、まあロベルタ人気が加速しそうなイベントですが、秋山ももちろんロベルタが好きです。
 恐らくブラックラグーンで1番好きかな。
 と、思いつつも最近はバラライカの姐さん(笑)や、人斬り銀次もかっこよくて好きになりつつある。
 特にバラライカは、声が小山茉美さんなんで、余計に似合っていてかっこいい!

 ちなみに、このブラックラグーンの主な舞台は東南アジア。特にタイなんです。物語中に登場するラグーン商会の本拠地、ロアナプラは架空の街ですが、タイの雰囲気を色濃く表現しています。
 特にタイの街角でよく見られる屋台や、タイ風の地名・人名などが随所に登場します。
 実は何を隠そう、学生時代に3週間ほどタイを旅行したことがある秋山は何だか当時の旅を思い出してしまい、懐かしい思いにかられました。
 バンコクにはカオサン通りという有名な通りがあり、秋山はここの居心地がよくて2週間近く滞在していました。
 そこはまあ、ロアナプラほどひどく退廃してませんが、それでも麻薬中毒やら、人生を諦めたような落伍者やら、欧米のヒッピーやら、ラリッたねーちゃんやら、娼婦やらが本当にうろうろしているすごいところ。
 ロアナプラみたいな抗争はないみたいだが、雰囲気はあります。

 そんなタイが舞台なのも、秋山的には魅力で、これ見てるとまたタイに行きたくなります。

 また、現実世界で存在する組織が実名で登場するのも面白い。
 例えば、旧ソ連時代の有名なKGBや、ロベルタが所属していたFARC(コロンビア革命軍)もそうですが、最近テロで有名になったイスラム過激組織のヒズボラやアブ・サヤフも実名で登場。
 ちなみに、アブ・サヤフってのは主に東南アジアで活動しているイスラムの過激組織。ヒズボラは主に中東が有名ですが、世界中に同志がちらばっているらしい。

 そして、何と言ってもこの物語最大の魅力はオープニングテーマのかっこよさ!
 これを最初に聴いた時、本当にいい曲だと思い、また物語を見るごとに、この曲を聴くとアドレナリンが高まるような高揚感を感じるほどになってきました。
 こちらがその曲。この物語にはマジでマッチしてます。
 
 話の舞台が日本人にはまだ少しは馴染みのあるアジアであること(日本も登場)や、現代社会の闇を的確に捉えているところなど、注目すべき点は多い作品。

 現在テレ玉など関東のローカル局の深夜時間帯で2期目のアニメが放送中ですが、まだまだ目が離せません。
 ヘンゼルとグレーテルの話に至っては、あまりにも残虐な設定すぎて、まず普通に民放では流せないでしょうな。恐らく非難ゴウゴウで放送中止に追い込まれる。
 実際、アニメの九州だったかの放送でも、深夜帯にも関わらずセリフが差別的と苦情が来て、セリフが削除されたらしい(DVDではきちんと収録予定らしい)。
 ある意味、非常に退廃的ムードを漂わせ、しかしカッコイイ雰囲気も持ち合わせている作品。
 まずは原作から読むことをオススメします。
スポンサーサイト
2006/11/29 21:18|BLACK LAGOONTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/75-908ee6c6

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。