●●
めぞん・ど・GAM

 ゲームやアニメ、マンガが大好きな管理人による日々のゲーム・アニメ・マンガ体験記及び鑑賞記。GAMとはgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。


|





プロフィール 

秋山如雪(あきやまじょせつ)

Author:秋山如雪(あきやまじょせつ)
 北海道札幌市出身。現在、東京都府中市に生息中。新宿、池袋、アメ横、秋葉原などによく出没。
 ゲームやアニメ、マンガをこよなく愛するダメダメ会社員。
 好きなゲームは真・三國無双シリーズ、To Heart2、サクラ大戦3、プリンセスメーカーなど。
 好きなアニメ・マンガは北斗の拳、ガンダム(ファースト)、Zガンダム、0083 スターダストメモリー、新世紀エヴァンゲリオン、コードギアス反逆のルルーシュ、あずまんが大王、涼宮ハルヒの憂鬱、BLACK LAGOON、ハヤテのごとく!など。でも一番好きなのは今でも「めぞん一刻」。
 好きな声優は、水樹奈々、かかずゆみ、小清水亜美、平野綾、井上喜久子、田村ゆかり、浅野真澄、川澄綾子(以上敬称略)など多数。
 めぞん・ど・GAMの「めぞん」は『めぞん一刻』から、「GAM」はgame、animation、mangaの頭文字を取ったもの。
 ちなみにリンクフリーです。どんどんリンクして下さい。
※注: 不適切な書き込み、18禁を思わせるような書き込みは当ブログには相応しくないので、削除します。


FC2カウンター 


カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最近の記事 


最近のコメント 


最近のトラックバック 


カテゴリー 


月別アーカイブ 


FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング


QRコード 

QRコード


参加同盟 


ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

昔、一度失敗しているのに…

 「めぞん一刻」関連で思い出しました。
 めぞんがドラマ化されることが発表されて、結構経つので、もう知っている方が多いでしょうが、確か来年の春くらいからテレビドラマがスタートするはず。
 音無響子役は、伊東美咲。まあ、個人的に伊東美咲は好きだし、似合っていると言えば、似合っているかもしれません。
 ただ、実写でどこまで響子さんの魅力を再現できるか。
 そして、注目になっていたのが、五代くん役を一般公募で決めるという企画。
 結局、奈良県の中林大樹さんという方が、この役を射止めたわけですが、ちょっと、いやかなり羨ましい!

 秋山も、もうちょっと若くて(確かオーディション出場条件に年齢制限があったはず)、演劇でもやっていれば、絶対応募したんですが(笑)
 ちなみに、ドラマ版「めぞん一刻」公式サイトは、


こちら(テレビ朝日/めぞん一刻)



 でも、問題は四谷さんでしょう。
 何を隠そう、秋山が「めぞん一刻」で一番好きなのは、この四谷さん。だって、笑えるから(爆)
 めぞん一刻を初めて見た子供の頃、漠然と「ああ、こういう面白い大人になりたいなあ」と四谷さんに対し、かなり間違った方向の理想の大人像を秋山は描いていました。
 アニメでは、名脇役として名高い千葉繁氏が四谷さんを好演していて、その不気味な存在感を前面に押し出した四谷さんを演じてくれましたが、これを実写で表現するのは難しいと思います。

 確か昔にも一度、めぞんはドラマ化だったか、映画化だったかで実写になっていて、その時は響子さん役は石原真理子、五代くんは石黒賢が演じていたはずですが、これ結構コケた過去があります。

 最近は、トレンディードラマもいい加減、ネタ切れで、何でもいいからとりあえずマンガから引っ張ってきて、ドラマ化している気がして、秋山はあんまり好きじゃありません。
 だから、正直今回の「めぞん一刻」ドラマ化には、半信半疑。というより、「本当にうまくいくのかなあ」、「どうせコケるだろう」という気持ちが8割か9割はあり、残りの1割、2割程度しか期待していません(期待している人には悪いけど)

 やっぱ、めぞんはマンガやアニメが一番です。島本須美さんの響子さんが一番似合っていた。
 ああ、またアニメ見たくなってきた…。
スポンサーサイト
2006/12/19 22:28|めぞん一刻TB:0CM:2

コメント
漫画原作のドラマ
秋山君、今晩は。
調べてみたんだけどさ、今年のドラマって漫画原作が異常に多いな。
失敗作、まあまあだったもの、ヒット作がかなり極端に分かれてる感じだよ。
僕が知る限りでは、今年の漫画原作ドラマでヒットしたのって「Dr.コトー診療所」(原作:山田貴敏、出演:吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎ほか)、「のだめカンタービレ」(原作:二ノ宮知子、出演:上野樹里、玉木宏、竹中直人ほか)くらいしかないんじゃないかなあ。
漫画原作のドラマは結局のところ、原作の設定をぶち壊しにするとヒットしないと思う。
「Dr.コトー」「のだめ」が成功しているのは原作に忠実な設定と脚本、キャスティングだからじゃないのかな。「のだめ」はドラマ見てはまっちまって、コミックス全巻買って、あげくの果てにクラシックまで聴きだしてる(笑)。
「めぞん」がどうなるかはまだちょっと分からんけど、原作に忠実であればうけると思う。
高橋留美子の作品で実写化できそうなのは「めぞん」の他、「1ポンドの福音」のような気がするが……。
松波庄九郎 #G8t8qcsE|2006/12/20(水) 21:38 [ 編集 ]

ごくせんは面白かった
 どうも。エセ酒飲みの秋山です。
「のだめカンタービレ」のドラマは人気あるみたいですね。秋山はまだ見てませんが。
 噂は聞いて知ってます。秋山は部屋を片付けるのが大の苦手なので、ある意味「のだめ」の部屋に近いものがあります。

 そういえば比較的成功したマンガ原作のドラマと言うと、秋山的には最近は「ごくせん」ですね。
 仲間由紀恵のごくせんっぷりが意外なほどハマっていて、秋山はリアルタイムでは見てなかったので、後からビデオ借りて全部(2部も)見ました。
 個人的に「ごくせん」は結構好きでした。
 「ドクターコトー」も見てませんでした…。
 どーもリアルタイムだとドラマって見過ごすことが多いので。
 でも、来年の大河「風林火山」は見ますよ、絶対。
 だって、Gacktが上杉謙信ですよね。謙信好きなんで、是非見てみたいです。
秋山如雪 #tHX44QXM|2006/12/20(水) 23:17 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://josetsu.blog77.fc2.com/tb.php/97-89376a28

涼宮ハルヒ検定 


作ってみました、涼宮ハルヒ検定! 公正を期すために何も見ないで回答して下さいね。

web拍手ボタン 


↑ お気に召した方は是非ポチっと押して下さい。

ブログ内記事検索 


リンク 


このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 めぞん・ど・GAM All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。